樹脂粘土で簡単スイーツデコマーブルパウンドケーキの作り方

樹脂粘土でマーブルパウンドケーキを作ろう

ふわふわ甘くてしっとりしたパウンドケーキはとっても幸せな気持ちになりますよね。さらに、甘いチョコレートの入ったマーブルパウンドケーキの作り方を、ご紹介致します。

樹脂粘土でマーブルパウンドケーキの材料
(全て100均)

・樹脂粘土の白
・チョコレート色(あれば)
・水
・クリアファイル、10×10㎝くらいにカットしたクリアファイル数枚
・カッター又はデザインナイフ
・ベーキングパウダー
・ティッシュ
・アクリル絵の具の白、黄土色、茶、黒
・レンジ
・クッキングシート
・ファンデーションのスポンジ
・筆
・歯ブラシ
・セロファンテープ
・爪楊枝
・水性透明ニス又はマニキュアのトップコート

樹脂粘土でマーブルパウンドケーキの作り方

①まずは準備からしましょう。マーブルパウンドケーキの大きさを決めたら、クリアファイルを細長くカットして、セロファンテープで止めて輪っかにして下さい。それを長方形になる様に折り目を付けましょう。この形がパウンドケーキの形になります。理想の形にならない場合は、何度もやり直して下さいね。

②小さくカットしたクリアファイルに、アクリル絵の具の茶と黒を少しずつ混ぜてチョコレート色を作ります。(次の行程に時間がかかりそうなら、チョコレート色を生地に混ぜる時に作っても大丈夫です。)

③しっかり手を洗ってから、樹脂粘土の白を取り出してこねます。①で作った型に樹脂粘土を入れて、少しはみ出すくらいにします。もう1度取り出したら、アクリル絵の具の黄土色を、少しずつ様子を見ながら入れて混ぜたら、こねます。そこに、ベーキングパウダーを少々入れてこねて下さい。パウンドケーキを焼く前の、色をイメージして下さい。

④黄土色に着色した粘土を、大体でいいので半分に分けて下さい。分けた片方だけに、チョコレート色のアクリル絵の具を混ぜて、チョコレート色のパウンドケーキの色になる様に、様子を見ながら少しずつ混ぜてしっかりこねましょう。

⑤黄土色のパウンドケーキの生地に、チョコレート色のパウンドケーキの生地をマーブルになる様に混ぜていきます。まずは、2つを重ねて伸ばしてねじり、折りたたみ、また伸ばしてねじり、折りたたみを3〜4回行うと、マーブル模様の出来上がりです。(この行程では、決してこねないで下さいね。こねてしまうと、マーブルにならなくなってしまいますので、注意して下さい。)1度手のひらで、コロコロと転がしながら丸めて下さい。

⑥①で作った型に入れて形を整えます。はみ出た部分を整えたら、真ん中に縦長に焼いた時に出来る割れ目をカッター又はデザインナイフで作ります。爪楊枝で割れ目の周りを持ち上げて広げ、中の質感を爪楊枝か、歯ブラシでボコボコと付けましょう。他の場所は、歯ブラシで軽くつけるくらいで大丈夫です。長方形の型から出して全体にも軽く質感を付けましょう。

*レンジ

形を整えたら、クッキングペーパーにのせて、レンジで10秒ほど加熱します。加熱しすぎると、形が崩れたり、膨らみすぎたり、更には事故にもなりますので、やりすぎない様に、目で見てしっかり確認して下さい。まだ中が少し柔らかいうちに、カッター又はデザインナイフでスライスしてもいいですね。スライスする場合は、質感を付けるのを忘れない様にして下さいね。

*乾燥

レンジから取り出したら、爪楊枝や歯ブラシなどで、もう1度形を整えてから、クッキングペーパーの上で、2〜7日ほどしっかり乾燥させます。

*焼き色

小さくカットしたクリアファイルに、黄土色と茶をそれぞれだします。黄土色に水を加えて、筆でまぜたら、ファンデーションのスポンジに付けて、ティッシュで余分な水分を取り除き、焼き色を付けていきます。黄土色に茶を混ぜて、同じ様に付けて下さい。

*乾燥

絵の具が乾くまで、そのまま乾燥させます。

*仕上げ

水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

手作りハンドメイドピックアップ記事

アクセサリーキャンドル資格

仕事と趣味を活かしたキャンドルアドバイザー

仕事と趣味を活かしたキャンドルアドバイザー 心や体を優しい光で癒してくれるキャンドルは、自分で形や色、香りなどを自分好みに自由に組み合わせ…

ページ上部へ戻る