樹脂粘土で簡単スイーツデコ丸いドイツパンの作り方

キャンドル手作り資格

樹脂粘土で丸いドイツパンを作ろう

ドイツパンはハードパンで、保存食としてもいいですし歯ごたえがあり、あっさりとした大人の味なので、チーズやハムをのせてワインにも良く合います。今回はそんな、おしゃれな丸いドイツパンの作り方をご紹介致します。

樹脂粘土で丸いドイツパンの材料

(全て100均)

・樹脂粘土の白
・水
・爪楊枝
・歯ブラシ
・ベーキングパウダー
・カッター又はデザインナイフ
・アクリル絵の具の白、黄土色、茶、黒
・ピンセット
・クリアファイル、10×10㎝ほどにカットしたクリアファイル数枚
・ティッシュ
・針
・ラップ
・軽量スプーン
・クッキングシート
・水性透明ニス又はマニキュアのトップコート
・ファンデーションのスポンジ
・筆

樹脂粘土で丸いドイツパンの作り方

①まずは、しっかり手を洗ってから、白の樹脂粘土を取り出してこねます。ドイツパンの大きさを大体決めてから、軽量スプーンで1個分の量を測りましょう。1個のドイツパンを作るのに、かなり時間がかかりますので、欲張らずに1個分だけを作りましょう。

②測った樹脂粘土に、アクリル絵の具の白を混ぜてこねます。次に黄土色を少しずつ様子を見ながら混ぜてこねましょう。パンを焼く前の色をイメージして下さい。そこに、ベーキングパウダーを少々入れてよくこねます。手のひらでコロコロ転がして丸めて下さい。

③クリアファイルの上にのせて、歯ブラシでボコボコとした質感を、しっかり付けて下さい。爪楊枝や針を使ってランダムな質感を付けるともっとリアルになります。

*クープを入れる

①ドイツパンは、シンプルなため、クープを入れる事で見た目が変わって来ますので、綺麗に入れましょう。まずは、カッター又はデザインナイフで表面の真ん中に1本入れます。その左に、3本ずつ猫の髭を絵で描くときのような、真ん中に向かう線を、右には対象になるように3本つけます。線同士がくっつかないように、均等に付けましょう。

②ピンセットで、その線をパカっと全部広げて下さい。線の中心が1番広がるようにして下さい。爪楊枝又は針を使ってクープの内周りに刺しながら上に押し上げるイメージで、クープ全てに行いましょう。

③クープの中にも、爪楊枝又は針を使って質感をつけますが、ボコボコさせるのではなくて、焼いた後にできるシワや割れ目などを付けるようにします。出来たら全体に質感を付け直しましょう。

*レンジ

クッキングシートにドイツパンをのせて、レンジで約10秒ほど加熱します。取り出したら、形を整えて下さい。

*焼き色

小さくカットしたクリアファイルに、黄土色、茶、黒をそれぞれ出します。黄土色に水を加えて筆で混ぜたら、ファンデーションに付けてティッシュで余分な水分を取り除いたら全体に付けましょう。次に黄土色に茶を足したら、クープ以外の場所に同じようにして付けて下さい。クープの縁周りには付けて下さい。さらに黒を混ぜて所々付けて下さい。付けすぎないようにしないと焦げてしまうので注意して下さい。

*乾燥

アクリル絵の具が乾くまでそのままにしておきます。

*仕上げ

水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを薄く塗ってから、(ドイツパンの粉っぽさを付けるために、ベーキングパウダーをパラパラと全体に付けて完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル資格人気

キャンドル資格ランキング

たまには電気を消してキャンドルのもとで幻想的な時間を・・。お風呂に浮かべて優雅なバスタイムを・・。枕元に置いてリラックス効果を・・。今、日常…

ページ上部へ戻る