樹脂粘土で簡単スイーツデコ小さな動物の作り方

樹脂粘土で小さな動物を作ろう

小さな動物は、スイーツデコに添えるだけで、とっても可愛くなりますよね。難しそうですが、出来上がるとニコニコしてしまうような可愛い動物の作り方をご紹介致します。今回は、白クマとウサギを作ります。

樹脂粘土で小さな動物の材料

(全て100均)

・樹脂粘土の白、黒
・クリアファイル、10×10㎝くらいにカットしたクリアファイル数枚
・水・ボンド
・ドットペン(ネイルコーナーにあります。)ラップ
・アクリル絵の具の白、赤
・黒の油性ペン・可愛い布(洋服用)
・小さな可愛いボタン、又はビーズ
・水性透明ニス、又はマニキュアのトップコート

樹脂粘土で小さな動物の作り方

①しっかり手を洗ってから、樹脂粘土の白を取り出します。よくこねたら、アクリル絵の具の白を混ぜてこねます。これが白くま用です。別の白の樹脂粘土を出して、アクリル絵の具の白を混ぜてこねます。アクリル絵の具の赤をほんの少し混ぜてこねます。これがウサギ用になります。

②白クマ、ウサギの大きさを決めたら、それぞれの体のパーツごとに分けていきます。胴体は、丸くお腹が出て、ポテっとしたぐらいの方が可愛いですよね。胴体、頭、耳2つ、手2つ、足2つに分けて、しっかりラップに包んで置いて下さい。ウサギの耳はクマより長いので、多めに取っておきましょう。足パーツも、手よりも少し多めに取っておきましょう。

③まずは胴体の形です。手のひらでコロコロと転がしてお腹の上部分を少しつまんで気持ちお腹の部分の方が膨らんでいるようにします。難しければ、そのままでも大丈夫です。次に顔パーツを作ります。鼻の部分が欲しいので、少しちぎって丸めておきましょう。顔パーツの方も手のひらでコロコロと転がして丸めて下さい。ボンドを少し付けて、鼻のパーツを顔パーツにグッと押さえ気味に付けて下さい。

④次に手のパーツを作りましょう。手のひらでコロコロと転がして丸めたら、指で押しながら、転がして、少し細長くします。真ん中で少し曲げて形を整えて下さい。肩の辺りにボンドを少し付けて、手のパーツを2つ接着します。好きなように動きを付けて下さいね。

⑤次に足パーツを作ります。手のヒラでコロコロと転がして丸めて下さい。手のパーツと同様に指で押しながら細長くしますが、手よりもやや太めに作りましょう。足の付け根部分にボンドを少し付けて、接着して下さい。

⑥ウサギも基本は同じなので、同様にして作って下さい。耳パーツだけは、手や足のように細長くしたら、先をつまんで、ネイル用ドットペンで丸みを付けます。頭に付ける部分を少し内側に曲げてから、少しボンドを付けて接着します。片耳だけ折り曲げたりしても可愛いですね。

⑦まだ顔がありませんので、作りましょう。まずは目です。樹脂粘土の黒を小さく丸めてボンドを少し付けて少し押しながら接着します。100均に白くまやウサギの大きさにあった目のパーツがあればそちらで代用してもいいです。鼻の下に、黒の油性ペンで漢字の人を書きます。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させて下さい。

*仕上げ

乾燥したら、水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを塗って乾燥させます。

洋服の作り方

そのままでも十分可愛いですが、今回は洋服を着せてあげましょう。胴体に1周りする位の大きさにカットしたら、ほつれないようにボンドを指で付けて下さい。ほつれ止めがあればそちらを使いましょう。洋服用の布と別の布があれば、ポケットの形にカットして接着します。胴体にボンドで接着したら、重なった部分にボタン、又はビーズを接着したら完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

レジンキャンドル作り方

大人気のアロマヒーリングセラピストについての口コミや評判まとめ

本当に大人気のアロマヒーリングセラピスト、アロマは心を落ち着かせてくれたりストレス発散などの効果があるようで、 ストレス社会といわれている…

ページ上部へ戻る