樹脂粘土で簡単スイーツデコ抹茶ゼリーと白玉ぜんざいと薔薇のリースパンの作り方

キャンドル資格人気

樹脂粘土で抹茶ゼリーと白玉ぜんざいを作ろう

和菓子が好きな方にはスペシャルなぜんざいですね。甘味を抑えた上品な和菓子です。今回は樹脂粘土で和菓子の抹茶ゼリーと白玉ぜんざいの作り方をご紹介致します。

抹茶ゼリーと白玉ぜんざいの材料(全て100均)

・樹脂粘土の白
・アクリル絵の具の白、赤、青、黒、茶、緑
・クリアファイル、10×10㎝ほどにカットしたクリアファイル数枚
・定規
・石粉粘土
・おろし金
・ラップ
・カッター又はデザインナイフ
・ボンド
・デザートカップ(手芸コーナーにあります。)
・紙コップ
・割り箸
・水性透明ニス又はマニキュアのトップコート

抹茶ゼリーと白玉ぜんざいの作り方

*抹茶の粉

石粉粘土を取り出してこねます。アクリル絵の具の緑を混ぜてしっかりこねましょう。クリアファイルにのせて、手のひらで平らに押さえて下さい。おろし金でおろすので、大体で大丈夫です。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*おろす

しっかり乾燥したら、おろし金でおろします。ばらばらになるので、ラップにまとめて包んでおきましょう。

*白玉

まずはしっかり手を洗ってから、樹脂粘土の白を取り出してこねます。アクリル絵の具の白を混ぜてしっかりこねましょう。白玉の大きさを決めたら、手のひらでコロコロ転がしてしわや割れ目が無いように丸めます。3〜5個作ります。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルにのせてしっかり乾燥させます。

*抹茶ゼリー

①樹脂粘土の白を取り出してこねます。初めに作っておいた抹茶の粉をたっぷり入れて良くこねましょう。手のひらでコロコロ転がしてしわや割れ目が無いように丸めます。

②クリアファイルにのせて手のひらで押さえながらコロコロ転がして細長くします。角を作って長方形にしましょう。厚さはゼリーの厚さにします。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*ゼリーカット

乾燥したら、正方形になる様に、カットしましょう。

*抹茶クリーム

樹脂粘土の白を取り出してこねます。アクリル絵の具の白を混ぜてこねたら、緑を混ぜてしっかりこねましょう。紙コップに入れて、水少量、ボンド少量入れて割り箸でしっかり混ぜ合わせます。できたら、紙コップにラップをしておきましょう。

*小豆

①樹脂粘土の白を取り出してこねます。アクリル絵の具の白を混ぜてこねましょう。

②小さくカットしたクリアファイルに、アクリル絵の具の赤、茶、黒、青を使って少しずつ様子を見ながら混ぜて小豆色にしましょう。小豆色が出来たら、①の樹脂粘土にたっぷり混ぜてしっかりこねましょう。たっぷり入れないと小豆色になりません。

③小豆の大きさに丸めて形を作ります。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*接着

デザートカップを用意して、先に抹茶クリームを爪楊枝でいれます。抹茶ゼリーにボンドを付けて半分に入れます。反対側に白玉をボンドで重ねて接着します。隅に小豆をまとめてボンドで接着し、その反対側に抹茶クリームを少しのせましょう。

*乾燥

2〜7日ほどしっかり乾燥させます。

*仕上げ

水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを塗ったら、抹茶の粉をふりかけて完成です。

樹脂粘土で薔薇のリースパンを作ろう

よく、パン屋さんの店頭で見かけるツヤツヤな素敵なリースパンの、樹脂粘土で作る作り方をご紹介致します。

樹脂粘土で薔薇のリースパンの材料(全て100均)

・白の樹脂粘土
・アクリル絵の具の白、黄土色、茶
・歯ブラシ
・ティッシュ
・ラップ
・水
・筆
・ファンデーションのスポンジ
・クリアファイル、10×10㎝ほどにカットしたクリアファイル数枚
・ドットペン(ネイルコーナーにある。)
・ボンド
・細いリボン(リースパンに合う大きさでお好きな色のリボン)
・カッター又はデザインナイフ
・水性透明ニス又はマニキュアのトップコート

樹脂粘土で薔薇のリースパンの作り方

①しっかり手を洗ってから、白の樹脂粘土を取り出してこねたら、アクリル絵の具の白を混ぜてこねましょう。次に、黄土色を少しずつ様子を見ながら混ぜてこねます。パンを焼く前の色をイメージして下さい。

②パーツごとに分けます。薔薇3個分、葉っぱ2〜3個分、残りをリースパン用にします。全てばらばらにラップに包んでおきましょう。

*薔薇

①薔薇用の樹脂粘土を1個分取り出して、更に花びらを大、中、しょうそれぞれ3〜4個と、中心部分1個に分けて下さい。

②花びらを作ります。1度丸めてから、雫の形にします。手のひらにのせて指で押さえて平らにします。

③ドットペンで優しく円を描くように薄くしたり、凹ませたりして下さい。花びらの先だけ外側に少し曲げて下さい。大、中、小全て同じように作りましょう。

④花の中心部分は、雫の形にした物を1つ作りましょう。

⑤花の中心に、ボンドで小から中、大、の順番に、少しずつ重なるように接着していきます。同じものを3個分作ります。

*葉っぱ

葉っぱ用の樹脂粘土を取り出して、まず1個分作ります。1度丸めてから、雫の形にします。手のひらにのせて指で押さえて平らにします。カッター又はデザインナイフで葉脈を付けましょう。

*乾燥

薔薇、葉っぱ共に2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*リースパン

①リースパン用の粘土を取り出して、3つに分けます。クリアファイルにのせて、指で押さえて転がしながら紐のように長くします。3個とも同じように同じよう太さになる様に行って下さい。

②出来たら、切れないように注意しながら三つ編みにして下さい。最初と最後に水を付けて馴染ませてくっ付けます。つなぎ目がなるべくわからない様にしましょう。

③歯ブラシで優しく全体に質感を付けて下さい。あまり付けすぎない様にしましょう。溝になる場所は、針や爪楊枝で質感を付けて下さい。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*接着

リースパンが乾燥したら、薔薇と葉っぱをボンドで好きな様に接着して下さい。

*焼き色

小さくカットしたクリアファイルに、アクリル絵の具の黄土色と茶をそれぞれ出します。黄土色に水を加えて筆で混ぜたら、ファンデーションのスポンジに付けて下さい。ティッシュで余分な水分を取り除き、焼き色を全体に付けます。黄土色に茶を混ぜて、同じように焼き色をましょう。

*仕上げ

水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

手作りハンドメイドピックアップ記事

手作りレシピ作り方資格

子どもから大人まで楽しめるキャンドルの資格取得

子供も大人も大好きなキャンドル作りで癒されながら資格を取得 キャンドルの灯りは、電気の明るさとはまた違う良さがあります。揺らめく灯りを眺め…

ページ上部へ戻る