樹脂粘土で簡単スイーツデコ桃のシャルロットケーキの作り方

キャンドル作り方100均

樹脂粘土で桃のシャルロットケーキを作ろう

ふわふわサクッとしたビスキュイをケーキの周りに囲んだ手の込んだケーキに甘くてジューシーな桃をのせた、桃のシャルロットケーキの、樹脂粘土を使った作り方をご紹介致します。

樹脂粘土で桃のシャルロットケーキの材料(全て100均)

・樹脂粘土の白
・歯ブラシ
・爪楊枝
・アクリル絵の具の白、黄土色、赤
・筆
・ファンデーションのスポンジ
・ティッシュ
・ラップ
・水
・ボンド
・カッター又はデザインナイフ
・クリアファイル、10×10㎝ほどにカットしたクリアファイル数枚
・水性透明ニス又はマニキュアのトップコート
・定規
・ドットペン(ネイルコーナー)

樹脂粘土で桃のシャルロットケーキの作り方

*桃のスライス

①まずしっかり手を洗ってから、樹脂粘土の白を取り出してこねます。アクリル絵の具の白をほんの少しだけ混ぜてこねます。(桃は透明感が欲しいので、白を入れすぎないようにして下さい。)作りたいケーキの大きさに合わせた桃の大きさを決めてから、スライスの大きさに合わせた量に一粒ずつ丸めてラップに包みます。

②一粒取り出してしっかりこねたら、丸めて下さい。丸の半分をつまんで桃のスライスの形にします。

③カッター又はデザインナイフ、でつまんだ所にキズを沢山付けましょう。裏も同じように行います。必要な個数分だけ作って置いて下さい。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*色付け

小さくカットしたクリアファイルに、アクリル絵の具の白と赤をそれぞれ出して、水を加えて筆でピンク色になるように混ぜ合わせます。ティッシュで余分な水分を取り除いてから、カッター又はデザインナイフでキズを付けた場所にほんのりと色付けして下さい。

*ビスキュイ

①樹脂粘土の白を取り出してこねます。アクリル絵の具の白を混ぜてこねたら、黄土色を少しずつ様子を見ながら混ぜてこねましょう。スポンジを焼く前の色をイメージして下さい。

②手のひらでコロコロ転がしてシワや割れ目が無いように丸めて、クリアファイルの上に置いて、転がしながら細長くしていきます。

③歯ブラシでボコボコとした質感を付けながら、半分位の厚さにしていきます。

④定規で等間隔に縦の線を押さえながら付けていきます。線の後を付けた場所の上下に、ドットペンで凹みを付けてビスキュイが繋がった形にしていきます。

⑤歯ブラシ又は爪楊枝で、定規で線を付けた場所に質感を付け直します。

⑥もう一つ、ケーキの底を作ります。同じように着色した樹脂粘土を、手のひらでコロコロ転がしながら丸めたら、クリアファイルの上で歯ブラシで質感を付けながら薄くしていきます。縁周りに形を付けたビスキュイをボンドで一周接着して、余分な長さをカットします。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*トッピング

樹脂粘土の白を取り出して、アクリル絵の具の白を混ぜてこねましょう。ビスキュイの中にボンドを付けて、そこに接着して下さい。更にそこに桃のスライスを好きなようにボンドで接着して下さい。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*仕上げ

水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル手作り資格

口コミや評判で人気!キャンドルアドバイザー認定試験を卒業と同時に資格取得!

仕事でキャンドルアドバイザーの資格を取得する事になり独学で勉強したのですが落ちてしまい、 ネットで調べていると試験を受けずに資格の取得方法…

ページ上部へ戻る