樹脂粘土で簡単スイーツデコ紫芋のタルトの作り方

キャンドル手作り資格

樹脂粘土で紫芋のタルトを作ろう

紫芋のタルトとは、沖縄のお土産にもなっている、紫色が特徴の甘くてしっとりしたスイーツです。今回は、普段あまり見ないスイーツの紫芋のタルトを、樹脂粘土を使って作り方をご紹介致します。

樹脂粘土で紅芋タルトの材料

(全て100均)

・樹脂粘土の白
・アクリル絵の具の白、赤、青、黄土色、茶
・水
・ファンデーションのスポンジ
・筆
・定規
・クリアファイル、10×10㎝ほどにカットしたクリアファイル数枚
・紙コップ
・割り箸
・クッキーの丸い型抜き
・ラップ
・カッター又はデザインナイフ
・CDケース又は平たく固いもの
・ボンド
・歯ブラシ
・ピンセット
・重曹又はベーキングパウダーネイルパーツの金色のラメ(無ければ、金色のリボンなどを細かくカットした物)

樹脂粘土で紫芋のタルトの作り方

①まずは、紫芋を絞る為に、絞り出し袋を作りましょう。プレゼントを包むのによく使われている透明フィルムを10×10㎝くらいにカットします。それをクルクルと筒状になる様に丸めていきます。絞り出し袋をイメージして、先を細くします。先は後でカットするので、穴が見えなくて大丈夫です。出来たらセロファンテープで止めて下さい。

②次に金属のラップの刃を2㎝くらい〜お好きな大きさにカットします。丸めて絞り出し袋にセットしますので丸めながら好きな大きさにしてもいいです。いらないところは金属ハサミ、又はニッパーでカットします。丸めたら、セロファンテープで固定して下さい。

③刃をペンチで軽く内側に曲げます。先程筒状に作った先端をハサミで少し切り取り刃と、フィルムをセロファンテープで空気が入らない様にぴったりくっつけて下さい。

*紫芋のタルトの土台

①まずタルトの土台を作りましょう。手を洗ったら、樹脂粘土を取り出して、こねます。アクリル絵の具の白を混ぜてよくこねたら、黄土色を少しずつ様子をみながら混ぜて下さい。手のひらでコロコロと転がして丸めて下さい。クリアファイルに挟んで、CDケースなどの平たく固いものでグッと押さえつけます。クッキーなどの型抜きを使い、丸くくりぬきます。残った粘土をカッター又はデザインナイフで細長くカットしたら、丸くくり抜いた粘土に巻きつけてその円の長さでカットして下さい。

②丸い方と、細長い方に歯ブラシでボコボコと質感を付けます。片側だけで大丈夫です。細長い方に、定規でギザギザになるように、等間隔に押さえて溝を付けます。みぞの部分にもう1度歯ブラシで質感を付けます。丸いほうの周りにボンドを薄く付けて、細長い方をぐるっと一周接着します。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*紅芋タルトの接着

①まずは、樹脂粘土の白を取り出して、アクリル絵の具の黄土色を少し混ぜてこねます。これはカスタードになります。

②タルトの土台内側にボンドを付けて、カスタードを隙間なく埋めて下さい。

③また新しく樹脂粘土の白を取り出してこねます。アクリル絵の具の白を混ぜてこねましょう。小さくカットしたクリアファイルに、アクリル絵の具の赤と青を混ぜて紫色にします。もし色が明る過ぎたら、黒をほんの少し入れましょう。色が出来たら、紙コップにこねた樹脂粘土と、水少量、ボンド少量を入れて良く混ぜ合わせて下さい。出来るだけ固めがいいです。

④最初に作った絞り出し袋にいれ、カスタードの上に好きなように絞って下さい。お土産やさんのようにするなら、波を打つように絞っていくといいです。上から、重曹または、ベーキングパウダーをパラパラとおとし、真ん中に金のラメをほんの少しボンドで接着して下さい。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*仕上げ

水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル資格人気

キャンドル資格ランキング

たまには電気を消してキャンドルのもとで幻想的な時間を・・。お風呂に浮かべて優雅なバスタイムを・・。枕元に置いてリラックス効果を・・。今、日常…

ページ上部へ戻る