スイーツデコにおすすめの粘土の種類

キャンドルブッシュ

子供たちの遊び道具の代表ともいえる粘土が今、小物づくりが大好きな大人たちの大人気アイテムだというのはご存知でしたか?
フェイクフードを作ったりアクセサリーのパーツを作ったり多数の用途に使われています。種類別におすすめの使い方などをご紹介していきます。

スイーツデコの粘土の種類:紙粘土

細かく裁断された紙に糊などを加えて粘土状にしたものでとても軽く、乾燥させると固くなることが特徴。
水を少し含ませることで形成しやすくなり、絵の具などを混ぜると好みの色に着色も可能です。
空気に触れていると乾燥してボソボソになってしまい、思い通りの質感が出ないので保存する場合はラップでくるんでさらに袋に入れておくようにしましょう。
絵の具などで着色する場合にもラップでくるんで作業をすれば手も汚れず、乾燥も防ぐことができます。

紙粘土でスイーツデコのデザイン集

・フェイクフード(マカロンなどポロポロしたものが使いやすいかも)
・フィギュアなどのミニチュア人形
・アクセサリーパーツ
などなど、軽さを有効活用していろいろなものにチャレンジしてみてください♪
100円ショップで販売されているので安さも武器♪歯ブラシの毛などで質感が出しやすいのが○!耐久性・耐水性は低め。

スイーツデコの粘土の種類:樹脂粘土

紙粘土よりもずっしりと重量感があり、硬くなるとかなりの強度になります。
固まるのに薄いもので1日、フェイクスイーツなどでは1週間と少し時間がかかるのが難点。仕上がりはプラスチックのような質感。
着色の方法は絵の具(アクリルでも水彩でも可)。保存にはタッパーに入れたりジップロックに入れるなどして空気に触れないようにすること。

樹脂粘土でスイーツデコのデザイン集

・フェイクスイーツ
・アクセサリーパーツ
樹脂粘土と一口に言っても種類があり、作るものによって変えている方が多いようです。紙粘土よりも耐久性・耐水性が高いことがいい点♪

紙粘土と樹脂粘土の違い

紙粘土:軽い、耐久性△、質感パサパサ
樹脂粘土:ずっしり、耐久性○、質感プラスチック寄り

スイーツデコの粘土の種類:おゆまる

子供から大人まではまってしまう「おゆまる」は、お湯につけるとグニャグニャになり、冷めるとまた固まります。
アクセサリーのパーツを作ったりレジン小物を作る際の型に使ったりと用途多数。失敗したらもう一度お湯につけてやり直せるのが○!
透明感のある作品を作るのにおすすめ。

中にはグルーガンにおゆまるをいれて溶かし、形成するという方も・・・・。

おゆまるでスイーツデコのデザイン集

・アクセサリーパーツ
・レジン型
おゆまるが大活躍しているのが「型」としての役割。
アクセサリー、フィギュアの複製などに一役買っています。

スイーツデコの粘土の種類のまとめ

紙粘土と樹脂粘土の種類についてご紹介しました。
どちらにも種類や、いい点悪い点がありますので、これ!と決めてしまわずにいろいろチャレンジしてみてください。
たくさんの素敵な作品が出来上がりますように♪

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル資格

口コミや評判でも話題のアロマライフインストラクター認定試験とは

アロマライフインストラクターの認定試験のネットや評判でも話題で人気のようです、仕事のためやより良い生活を送るためにアロマライフインストラクタ…

ページ上部へ戻る