紙粘土で簡単スイーツデコカップケーキの作り方

紙粘土でカップケーキを作ろう

見た目もとっても可愛くて、プレゼントにも喜ばれるスイーツのカップケーキを、紙粘土を使って、クリームたっぷりのせて華やかにする作り方を、ご紹介致します。

紙粘土でカップケーキの材料(全て100均)

・樹脂粘土の白
・紙粘土、又はかるい紙粘土でもいい
・水
・クリアファイル、10×10㎝くらいにカットしたクリアファイル数枚
・ピンセット
・アクリル絵の具の白、黄土色、茶、赤、青、黄色
・ラッピング用のフィルム
・ラップ
・ラップの刃
・爪楊枝、又は竹串
・歯ブラシ
・ファンデーションのスポンジ
・筆
・薄い定規
・ボンド
・ドットペン
・セロファンテープ
・水性透明ニス、又はマニキュアのトップコート
・CDケース、又は平たくて固いもの

紙粘土でカップケーキの作り方

①紙粘土、又はかるい紙粘土を取り出して、大きさを決めたら、軽量スプーンでカップケーキ1つ分の量を測ります。乾燥しやすいので、まとめて作りたい場合は、2〜3個がいいと思います。1度まとめます。

②アクリル絵の具の白を混ぜてよくこねます。次に黄土色を少しずつ様子をみながら混ぜてこねます。カップケーキを焼く前の色をイメージして下さいね。もう1度軽量スプーンで測り、1つずつに分けたら、出来るだけ空気に触れないように、ラップに包みます。

③1個分の紙粘土を取り出して、もう1度こねます。手のひらにのせて、転がして丸めて下さい。涙状にしたら、クリアファイルにのせます。今回は厚みが欲しいので、挟まないでください。紙粘土の上からCDケース又は平たく固いもので軽く押さえてください。今の状態は、カップケーキの下の部分をひっくり返した状態です。そのまま歯ブラシで全体にボコボコとなるように質感を付けましょう。質感を付けながらも、カップケーキの下の部分のように丸みをなくすようにして下さい。定規で横周りに、縦の線を深く入れていきます。丸型のギザギザのあるアルミカップから取り出した所をイメージして線を付けて下さい。線を付けた凹んだ場合の質感が無くなってしまうので、爪楊枝か歯ブラシで、形が崩れないように付け直します。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*絞り出し袋

①乾燥させている間に、絞り出し袋を作ります。ラッピング用のフィルムを正方形にカットしたら、筒状になるようにクルクルと丸めて、片方だけ穴をなくします。絞り出し袋をイメージするとわかりやすいですね。出来たらセロファンテープで止めます。

②ラップの刃を作りたいクリームの太さに丸めてセロファンテープで止めます。袋の先をカットしたら、刃を入れてセロファンテープで隙間なく止めてください。

③刃をペンチで軽く内側に入れます。

*小花パーツ

①次に樹脂粘土で小花パーツを作ります。樹脂粘土にアクリル絵の具の白を混ぜよくこねたら、だいたいでいいので、3個に分けます。1個、赤を少し混ぜてピンクにします。1個、黄色を少し混ぜます。1個、青を少し混ぜて水色にします。1色分をさらに小分けにして、その1つを丸めます。

②クリアファイルにのせ、指で押して平らにしたら、定規で周りに5つの溝を付けます。溝から中心に線を付けたら小花パーツの完成です。

*焼き色

全て作ります。カップケーキの下の部分に焼き色を付けましょう。小さくカットしたクリアファイルに、黄土色、茶をそれぞれ出します。黄土色に水少量入れて筆で混ぜたら、ファンデーションのスポンジに付けて、ティッシュで余分な水分をとり、ポンポンと全体に付けましょう。茶を混ぜてもう1度付けましょう。

*トッピング

土台が乾いたら、絞り出し袋に、紙粘土、水、ボンドを混ぜた物を入れ、クルクルと絞り出します。小花にボンドを少し付けてクリームに好きなように付けます。

*乾燥2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。
*仕上げ

水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

手作りレシピ作り方資格

子どもから大人まで楽しめるキャンドルの資格取得

子供も大人も大好きなキャンドル作りで癒されながら資格を取得 キャンドルの灯りは、電気の明るさとはまた違う良さがあります。揺らめく灯りを眺め…

ページ上部へ戻る