紙粘土で簡単スイーツデコシュークリームの作り方

キャンドル手作り資格

紙粘土でシュークリームを作ろう

ふわふわサクっとした生地に甘い生クリームが入った、とっても美味しそうなシュークリームを作ってみましょう。フルーツパーツも100均で売っていますので、そちらを使って、フルーツ入りのシュークリームの作り方をご紹介致します。

紙粘土でシュークリームの材料

(全て100均)

・紙粘土、又はかるい紙粘土(どちらでもいい)
・水
・アクリル絵の具の白、黄土色、茶
・フルーツパーツ(色々ありますので、お好みでご用意して下さい)
・筆

・ファンデーションのスポンジ
・クリアファイル1枚、10×10㎝くらいにカットしたクリアファイル数枚
・ラップ

・ティッシュ
・重曹(あれば)
・カッター、又はデザインナイフ
・両面テープ(あれば)
・ボンド
・歯ブラシ
・軽量スプーン

紙粘土でシュークリームの作り方

①紙粘土、又はかるい紙粘土を取り出して、シュークリームの生地の大きさを決めたら、シュークリームを半分にする前の量を、軽量スプーンで測ります。丸々1個分になります。作りたい数だけ測って下さい。粘土が乾きやすいので、2〜3個分が丁度いいと思います。測った粘土を1度まとめます。

②まとめた紙粘土に、アクリル絵の具の白を混ぜてよくこねます。次に、黄土色を少しずつ様子をみながら入れてこねます。あまり濃くならないように、本物のシュークリームを焼く前の、生地の色をイメージして下さい。よくこねたら、重曹を少量入れてこねたら、最初の要領で、軽量スプーンで測って下さい。測った物を1つずつラップに包みます。出来るだけ空気に触れないようにしましょう。

③測った紙粘土を1つ取り出し、軽くこねたら、手のひらの上で転がして丸くします。クリアファイルにのせ、歯ブラシでボコボコとした質感を全体に付けましょう。カッター又はデザインナイフで、シュークリームを、後ほど真ん中でカットする為の目安となる線を一周引きます。粘土の形が崩れやすいので、軽く押さえる感じて付けて下さい。シュークリームの上になる部分に、焼いた後の割れ目を付けます。爪楊枝を使って、まずは、真ん中に四角い割れ目になるようにぷすぷすと刺していきます。次に、四角の角から、下に向かって4本の線が等間隔になるようにぷすぷすと刺して下さい。刺した部分に、線を消さないように歯ブラシで質感を整えていきます。

*レンジで加熱

クッキングペーパーにのせて、レンジで10秒加熱したら、形を整えます。中が少し柔らかい状態がいいです。

*乾燥

そのまま半日ほど乾燥させます。

樹脂粘土のシュークリームをカット

乾燥したら、カッター又はデザインナイフで、目安となる線の場所にゆっくり刃を入れて、紙粘土を回しながらカットして下さい。回すことで、形が悪くなるのを防ぎ、綺麗にカットすることが出来ます。

カットした内側部分に歯ブラシや針を使って質感を付けましょう。真ん中はクリームを挟むので、縁だけに付ければ大丈夫です。ちらっと見えた時の為に、面倒でも行って下さい。

*乾燥

そのまましっかり乾燥させます。

*焼き色を付ける

小さくカットしたクリアファイルに、アクリル絵の具の黄土色、茶をそれぞれのせ、黄土色に水を加えたら、筆で混ぜます。ファンデーションのスポンジに付け、ティッシュで余分な水分を取ってからポンポンと全体に付けましょう。次に、黄土色に茶を少し混ぜ、同じように付けて下さい。表面にボンドを薄く付け、重曹を指につけてポンポンとのせます。

樹脂粘土のクリームを挟む

新しく紙粘土を出し、アクリル絵の具の白、水少量、ボンド、を混ぜてこねます。柔らかくなったら、シュークリームに挟んで下さい。お好みで、フルーツパーツにボンドを付け、クリームにのせて下さい。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*仕上げ

しっかり乾燥したら、水性透明ニス又は、マニキュアのトップコートを塗って完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル手作り資格

口コミや評判で人気!キャンドルアドバイザー認定試験を卒業と同時に資格取得!

仕事でキャンドルアドバイザーの資格を取得する事になり独学で勉強したのですが落ちてしまい、 ネットで調べていると試験を受けずに資格の取得方法…

ページ上部へ戻る