紙粘土で簡単スイーツデコジャムと生クリームのホットケーキの作り方

紙粘土でジャムと生クリームのホットケーキを作ろう

お家の定番のおやつのホットケーキに、とろーりストロベリーのジャムとたっぷり生クリームをのせたおしゃれなお店で出るようなスイーツのホットケーキを、紙粘土を使った作り方をご紹介致します。

紙粘土でジャムと生クリームのホットケーキの材料(全て100均)

・紙粘土(軽い紙粘土でもいい)
・アクリル絵の具の白、黄土色、茶、赤
・水
・筆
・ファンデーションのスポンジ
・ボンド
・ストロベリーのパーツ(市販品でもいが、出来れば粘土で作った物がいい)
・軽量スプーン
・紙コップ
・ティッシュ
・歯ブラシ
・割り箸
・ラップ
・爪楊枝
・水性透明ニス又はマニキュアのトップコート・クリアファイル、10×10㎝ほどにカットしたクリアファイル数枚

紙粘土でジャムと生クリームのホットケーキの作り方

①紙粘土を取り出して、こねます。ホットケーキの大きさを大体きめてから、軽量スプーンで3枚分測り、1度まとめます。アクリル絵の具の白を混ぜてこねたら、黄土色を少しずつ様子を見ながら混ぜてしっかりこねましょう。ホットケーキを焼く前の色をイメージして下さい。

②もう1度軽量スプーンで3枚分測り、2枚分をそれぞれラップに包みます。

③手のひらでコロコロ転がして丸めたら、クリアファイルにのせます。指で押してある程度平らにして下さい。ある程度厚みがあった方が美味しそうです。

④歯ブラシで優しく全体に質感を付けて行きます。所々、爪楊枝で穴を開けて下さい。残りの2枚も同じように、同じ大きさで作ります。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*焼き色

小さくカットしたクリアファイルに、アクリル絵の具の黄土色と茶をそれぞれ出します。黄土色に水を加えて筆で混ぜたら、ファンデーションのスポンジに付けてティッシュで余分な水分を取ってから焼き色をつけます。次に、黄土色に茶を足して、同じように焼き色を付けて下さい。ただし、ホットケーキなので今までとは違い、フライパンで焼くので、真ん中辺りを濃くなるように付けましょう。この場合は、筆の方がやりやすいかもしれません。

*ホットケーキ接着

乾燥したホットケーキを少しずつずらしながらボンドで接着します。お店で出るようなイメージで付けるとおしゃれに見えます。

*乾燥

ボンドが乾くまでしっかり乾燥させましょう。

*ストロベリージャム

小さくカットしたクリアファイルに、ボンドをのせて、アクリル絵の具の赤を入れて混ぜたら、ストロベリーのパーツをそこに入れて混ぜましょう。3枚接着したホットケーキの1番上から下まで垂らすように爪楊枝で丁寧にのせて行きます。(もし、お皿があればお皿にのせましょう。)

*乾燥

ボンドが可愛くまでしっかり乾燥させます。

*生クリーム

紙コップに紙粘土、アクリル絵の具の白、水少量、ボンド少量を入れて割り箸でしっかり混ぜ合わせて下さい。ジャムに少しかかるようにしながら、爪楊枝で少しずつ垂らすようにのせましょう。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*仕上げ

水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。ただし、ジャムの部分は出来るだけ塗らないようにして下さい。ボンドとニスが合わない場合があります。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

手作りレシピ作り方資格

子どもから大人まで楽しめるキャンドルの資格取得

子供も大人も大好きなキャンドル作りで癒されながら資格を取得 キャンドルの灯りは、電気の明るさとはまた違う良さがあります。揺らめく灯りを眺め…

ページ上部へ戻る