紙粘土で簡単スイーツデコストロベリーの作り方

キャンドル資格

樹脂粘土でストロベリーを作ろう

スイーツに必要なパーツであるストロベリーの作り方をご紹介致します。トッピングにしたり、刻んだりとストックしておいて損はありません。突然使いたいと思うこともありますので、なるべく一度にたくさん作っておきましょう。

樹脂粘土でストロベリーの材料

(全て100均)

・100均の樹脂粘土
・アクリル絵の具の白、赤、黄色
・クリアファイル1枚、クリアファイルを約10×10㎝くらいにカットした物を数枚
・爪楊枝、又は竹串
・水・重曹(あれば)
・大きめのフルーツにしたいなら、軽量スプーン
・ラップ
・細い筆
・筆
・綿棒
・洗濯バサミ、又はクリップの様な挟むもの
・ファンデーションのスポンジ
・水性透明ニス、又はマニキュアのトップコート

樹脂粘土でストロベリーの作り方

①始めに、軽量スプーンを使って大きめのストロベリーを作りたいと思います。まず、何個作りたいのか、どの位の大きさにするのかを決めて、軽量スプーンで必要な個数分はかり、1度全てまとめます。粘土着色後にまた測ります。測った樹脂粘土を全てまとめたら、アクリル絵の具の白を混ぜましょう。混ぜたものをまた一つずつの大きさに測ります。測り終わったら、一つだけ出しておき、あとは、ラップにしっかり包んでおいてください。

②まず、しずくの様な形を作ります。あまり尖らせすぎない様にしてくださいね。出来たら下の部分をクリアファイルに軽く押し付けて平らにします。これでストロベリーの土台ができました。

③土台に爪楊枝、又は竹串を使い、表面のつぶつぶをランダムに付けていきます。いい加減にやらず、感覚は同じにした方が綺麗な仕上がりになります。下の部分には付けないでくださいね。これを測った個数分作ります。

④乾燥させるときに下の真ん中辺りに爪楊枝を刺して、洗濯バサミ、又はクリップに挟んで立てかけて乾燥させます。そうする事で色を塗りやすくなります。

*乾燥

2〜7日ほどしっかり乾燥させます。

樹脂粘土でストロベリーの着色

しっかり乾燥したら、ストロベリーを着色していきます。小さくカットしたクリアファイルに、黄色、赤をそれぞれ出します。黄色のみに水を入れて筆で混ぜます。ファンデーションのスポンジに付けて、ティッシュで余分な水分を取ります。水分がありすぎると、粘土が溶けてしまうので必ず行ってください。ストロベリーの1番下の部分以外にポンポンと色をのせるように付けていきます。乾いたら黄色と赤を混ぜた絵の具で、真ん中より少し下あたりから、色を付けましょう。下からグラデーションにするイメージです。次に先程の色に赤を足して真ん中辺りから付けましょう。最後に赤を天辺につけます。馴染ませたいのですが、スポンジが大きくてやりにくいと思うので、綿棒を使って色の境目をなじませます。

*乾燥

しっかり乾燥させます。

*仕上げ

しっかり乾燥させたら、水性透明ニス、又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。

樹脂粘土のストロベリーの断面書

半分にカットしたストロベリーを作るときは、ニスはまだ塗らないでください。半分にしたストロベリーを、アクリル絵の具の赤と白で描きます。カットしたクリアファイルに赤と白をそれぞれだして、赤に水を混ぜてティッシュで水分をとり、断面の周りを綿棒で薄く色付けします。真ん中辺りには線を少し描きます。次に白のアクリル絵の具で、1番下から放射線状に細い筆で描いたら完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

手作りレシピキャンドルレジン

キャンドルデザインマスター認定試験の口コミや評判まとめました!合格してアーティストの仲間入り?

女性に人気のアイテムのキャンドルを使用して、癒し効果などを作り上げる人気のキャンドルデザインマスターについて ご紹介させていただきます!人…

ページ上部へ戻る