紙粘土で簡単スイーツデコフランスパンの作り方

キャンドル作り方100均

紙粘土でフランスパンを作ろう

紙粘土を使ってフランスパンの作り方を紹介します。

フランスパンと言っても、色んな種類がありますので、お好みで決めて下さい。1つだけではなく、色んな種類のフランスパンが作れると、ミニチュアにしてフランスパンのお店も出来ますね。

紙粘土でフランスパンの材料

(全て100均)

・かるい紙粘土(なければ普通の紙粘土でもいい)
・水
・カッター、又はデザインナイフ
・アクリル絵の具(白、黄土色、茶)
・ベーキングパウダー(あれば)
・レンジ
・クッキングシート
・ラップ
・粘土板、又はクリアファイルでもいい
・軽量スプーン
・ティッシュ
・筆
・ファンデーションのスポンジ

紙粘土でフランスパンの作り方

①紙粘土にアクリル絵の具の白を少し混ぜます。爪楊枝の先で2〜3回すくう程度。次に、黄土色を少しずつ様子を見ながら混ぜていきます。余り濃いめにしないでください。

②しっかり混ぜ合わせたら、そこに、ベーキングパウダーを少々入れます。本物のパン同様、粘土にも入れるとふんわり感がでます。なければそのままでも大丈夫です。しっかり混ぜ合わせたら好きな大きさを、軽量スプーンで図ります。図り方は、軽量スプーンの淵いっぱいまで入れ、はみ出さない事。スプーンの大きさや、何杯分でできるのかを覚えておくと、次に同じ大きさを作りたいときに、作りやすくなります。

③図り終えた粘土を、一度手のひらでクルクルと丸めます。

④丸めた粘土を、粘土板、又はクリアファイルにのせて軽く押さえながら棒状に伸ばしてください。そこで出来た形がフランスパンの長さ、太さになります。伸ばした両端を指で少し摘んでおいてください。摘む事でリアルに仕上がります。

⑤ここからは少し難しいです。カッター、又はデザインナイフで、軽くクープをかきます。お好きな数のクープで大丈夫ですが、同じ大きさ、同じ間隔を意識して書いてください。大きく書いた方が美味しそうになります。書いたクープに、カッターの先を少し刺して、ほんの少しだけ上に持ち上げます。書いたクープ全てに行ってください。クープの内側から外に向かって粘土を掘るイメージです。

⑥次に、クープの中の質感を付けましょう。爪楊枝、又は竹串で、今付けたクープを壊さない様に注意しながら刺したり引っ掻いたりしてボコボコした質感を付けましょう。ここまでで大分フランスパンの形が見えて来ましたね。

⑦フランスパンの外側にも少しだけ質感を付けましょう。爪楊枝で軽くチョンチョンとさわったり、焼いた後のパリパリはヒビのような感じにするとより、リアルになります。ヒビの付け方は難しいので、やらなくても大丈夫です。

*レンジ

形が出来たら、クッキングシートにのせて、レンジで10秒ほど加熱します。やり過ぎると事故の元ですので、必ず様子を見ながら行って下さい。

*焼き色を付ける

レンジから取り出し、形を整えたらしっかり乾燥させ、焼き色を付けましょう。カットしたクリアファイルに、アクリル絵の具の黄土色、茶をのせます。水を少し垂らしたら、黄土色と水を筆で混ぜます。スポンジに付けたら、余分な水分をティッシュにポンポンと吸い込ませて下さい。フランスパン全体に付けていきます。
ただし、クープの真ん中は少しだけにして下さい。次に、黄土色に茶を混ぜ合わせ、同じように全体に付けていきます。しっかり付けすぎず、濃い場所と薄い場所を作りましょう。最後に茶をクープや、角の盛り上がり部分に筆でチョンチョンと付けて下さい。こちらもやり過ぎると焦げたパンに仕上がります。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*仕上げ

しっかり乾燥させてから、仕上げに水性透明ニス、又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

手作りハンドメイドピックアップ記事

手作りレシピ作り方資格

子どもから大人まで楽しめるキャンドルの資格取得

子供も大人も大好きなキャンドル作りで癒されながら資格を取得 キャンドルの灯りは、電気の明るさとはまた違う良さがあります。揺らめく灯りを眺め…

ページ上部へ戻る