紙粘土で簡単スイーツデコマカロンの作り方

紙粘土でマカロンを作ろう

紙粘土を使ったマカロンの作り方をご紹介致します。

マカロンはいろんな色があるので、単色で沢山作ってお皿にのせるのもいいが、一つ一つ違う色で作り沢山まとめて飾ると、お洒落なインテリアにもなります。

紙粘土でマカロンの材料(全て100均)

・紙粘土(かるい紙粘土がいいが、なければ普通の紙粘土でもよい。)
・アクリル絵の具(白、あとはマカロンに付けるお好きな色)
・爪楊枝(竹串でもよい、あれば粘土ヘラ)
・ラップ
・クリアファイル(下に敷くだけなので、一枚にしておく。約10×10ほどに小さくカットしたクリアファイル2枚ほど)
・好きな大きさの丸い型(大きめなら、コップがよい。または、化粧品の蓋など)
・水
・ピンセット
・歯ブラシ
・水性透明ニス、または、マニキュアのトップコート

紙粘土でマカロンの作り方

①かるい紙粘土に、アクリル絵の具の白をまぜます。次に、お好きな色を少しずつ様子を見ながら混ぜていきます。しっかり混ぜ合わせてください。

②混ぜ終わったら、一度丸めます。手のひらでクルクルとシワが無くなるまで丸めてください。適当にやってしまうと、表面の仕上がりが綺麗になりませんので、ご注意ください!

③丸めた紙粘土をクリアファイルにのせます。そのまま軽く手のひらで押さえつけてください。3分の1くらいまで押さえます。もしこの時ヒビが入っていたら、水を指に少しつけて、ヒビが入っている所を優しく撫でて綺麗にしてください。乾燥してからでは、中々治りません。

④紙粘土の上にラップを綺麗にのせます。難しいですが、こちらもラップにシワが付かないように綺麗にピタッと紙粘土にくっつけるようにのせてください。

⑤その上から、丸い容器や蓋などをぐっと押さえつけてください。1番下まで押さえつけず、少し残すようにしてください。残った所が、マカロンのボロボロした部分になります。

⑥マカロンの形を思い浮かべて、同じような形になったらラップをそっとはがし、形が付いている所以外全て取り除いてください。必ずはみ出している部分は必ず一回り残すように注意してカットするようにしてください。

⑦丸く型取りしたら、周りのボロボロした部分を作っていきます。爪楊枝又は竹串などの先が尖った物を使って引っ掻いたりツンツンと押さえたりしながら、ぐるっと一周質感をつけます。はみ出し過ぎていると可愛く無いので適度に中へ押し込むと綺麗なマカロンの形になります。

⑧ここまでの工程をもう一度繰り返して、2枚同じものを作ります。2枚で1組のマカロンになります。沢山作りたい方は枚数に気をつけましょう。

*乾燥

半日〜1日ほど乾燥させます。

紙粘土でクリームの作り方

マカロンには、間に挟むクリームが必要ですね。これも紙粘土で出来てしまいます。紙粘土そのままをマカロンで挟むのもいいですが、出来上がりはマシュマロを挟んだ感じになります。

①クリームの柔らかさを表現したいので、紙粘土に水を少々と、それに対してボンドを3対1の1の割合でしっかり混ぜ合わせます。水が多すぎるとクリームにならないので、程よい弾力を残してください。そうする事でマカロンとクリームとの接着も可能になります。

②爪楊枝、大きなマカロンならば、粘土ヘラを使ってクリームを挟み、ベタベタとはみ出さないよう気にしながら、少しずつクリームを足していくと、綺麗に仕上がります。仕上げにクリームに線を引いたり、突いたりしてクリームの質感を付けたら完成です。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*仕上げ

水性透明ニス、またはマニキュアのトップコートを塗って完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル手作り資格

口コミや評判で人気!キャンドルアドバイザー認定試験を卒業と同時に資格取得!

仕事でキャンドルアドバイザーの資格を取得する事になり独学で勉強したのですが落ちてしまい、 ネットで調べていると試験を受けずに資格の取得方法…

ページ上部へ戻る