紙粘土で簡単ホールタイプのショートケーキの作り方

紙粘土でホールタイプのショートケーキを作ろう

ショートケーキは、定番のケーキですよね。今回は、生クリームの挟んだ部分が見えるショートケーキを、100均の紙粘土を使った作り方をご紹介致します。

紙粘土でホールタイプのショートケーキの材料(全て100均)

・紙粘土、又はかるい紙粘土(どちらでもいい)
・フルーツパーツ(今回はショートケーキですので、ストロベリーを使います)
・クリアファイル1枚、10×10㎝くらいにカットしたクリアファイル数枚
・水
・ボンド
・アクリル絵の具の白、黄土色、茶
・ラッピング用のフィルム
・ラップに付いている刃
・歯ブラシ・針
・ラップ
・ティッシュ
・筆
・ファンデーションのスポンジ
・軽量スプーン
・CDケース又は、平たくて固いもの
・セロファンテープ
・ペンチ水性透明ニス、又はマニキュアのトップコート

紙粘土でホールタイプのケーキの作り方

①紙粘土、又はかるい紙粘土を取り出します。ショートケーキのスポンジの大きさを決めたら、軽量スプーンで2枚分測ります。スポンジ2枚で1つのショートケーキを作ります。測ったら1度まとめます。

②まとめた紙粘土に、アクリル絵の具の白を混ぜてよくこねます。次に黄土色を少しずつ様子をみながら混ぜてこねて下さい。かなり薄くていいです。焼く前のスポンジをイメージして色付けして下さい。出来たらもう1度、軽量スプーンで測り、1つずつラップに包みます。

③測った紙粘土を2つ取り出して、クリアファイルにある程度離して置き、挟みます。上からCDケース又は平たい固いもので押さえて、好みの厚さにします。1つはまたラップに包みます。もう1つをクリアファイルにのせ、歯ブラシで全体にボコボコとした質感を付けましょう。ラップに包んだ方も取り出して、同様に質感を付けて下さい。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*焼き色を付ける

小さくカットしたクリアファイルに、黄土色、茶をそれぞれ出します。今回は、かなり薄く付けます。黄土色に水少量加えたら、筆で混ぜてファンデーションのスポンジに付けます。ティッシュで余分な水分を取ってからポンポンと全体に付けましょう。黄土色にほんの少し茶を混ぜて、同様に付けて下さい。

絞り袋の作り方

焼き色を乾かしている間に、絞り出し袋を作ります。ラッピング用のフィルムを正方形にカットしたら、筒状になるようにクルクルと丸めて、片方だけ穴をなくします。絞り出し袋をイメージするとわかりやすいですね。出来たらセロファンテープで止めます。ラップの刃を作りたいクリームの太さに丸めてセロファンテープで止めます。袋の先をカットしたら、刃を入れてセロファンテープで隙間なく止めてください。刃をペンチで軽く内側に入れます。

紙粘土のクリームの作り方とトッピング

紙粘土にアクリル絵の具の白、水少量、ボンドを混ぜて、絞り出し袋に入れます。ケーキのスポンジが乾いたら、絞り出し袋で、クリームを出して、上に乗せるほうのスポンジに綺麗に絞り出してください。先にクリアファイルの上に練習しておくといいですね。ストロベリーパーツにボンドを付けて、可愛くトッピングしましょう。次に、もう1つのスポンジに生クリームを綺麗に絞り出して、先にトッピングを付けたスポンジをのせて下さい。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*仕上げ

水性透明ニス、又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル手作り資格

口コミや評判で人気!キャンドルアドバイザー認定試験を卒業と同時に資格取得!

仕事でキャンドルアドバイザーの資格を取得する事になり独学で勉強したのですが落ちてしまい、 ネットで調べていると試験を受けずに資格の取得方法…

ページ上部へ戻る