色付きのUVレジン小物を作る3つの方法

透明のUVレジンに着色しよう

UVレジンは小物やアクセサリーを作るのによく使われます。

あの透明でツヤツヤキラキラした質感にハマる人も多いのではないでしょうか。

UVレジンの小物というと透明のイメージが強いのですが中には色付きのものもありますよね。

どうやって色付きにしているのでしょうか?

透明のUVレジンを着色する方法を3つご紹介します。

レジン専用の粉顔料で着色する

やはり一番良いのはレジン専用の顔料を使って着色することだと思います。

レジン専用の顔料は100円ショップダイソーでも取り扱っていてリーズナブルです。

ダイソーのレジン用顔料は粉で袋に入っています。内容量は1袋2g。

ホワイト、レッド、ピンク、イエロー、オレンジ、パープル、ブルー、グリーン、ブラウン、ブラックの全10色あります。

色同士を混ぜてオリジナルの色を作ることも可能です。

使用方法はUVレジン液をお皿などに入れ、顔料を少しずつ加え爪楊枝で混ぜ合わせます。

あまり顔料を入れすぎると透明度が落ちたり硬化しにくくなるので注意してください。

こちらの顔料、レジンの出来上がりは透明感に欠けます。

よく混ぜないと粉っぽくなりがちです。

ですが100円で買えるならとっても優秀だと思います。

粉の顔料でレジンと相性の良いもので「ピカエース」というものもあります。

こちらは暗闇で光るのでとっても幻想的な作品が作れます。

お値段は1袋2g400円ぐらいからと少しお高めです。

ピカエースはレジン制作に慣れてきてからチャレンジするのがオススメです。

アクリル絵の具で着色する

アクリル絵具で着色する方法もあります。

アクリル絵の具もたくさんの色が100円ショップで揃うのでお手頃ですね。

アクリル絵具でUVレジンに着色すると透明度が保たれます。

透明感を出したい作品の時は粉の顔料よりアクリル絵の具がオススメです。

アクリル絵の具の場合、透明度は高いのですが気泡ができやすいのが難点です。

気泡ができてしまったら爪楊枝で潰しましょう。

着色の仕方は粉の顔料と同じで少量ずつ爪楊枝で混ぜていきます。

アクリル絵の具もあまり入れすぎると硬化しにくくなったり

硬化した後のベタつきが残ったりするので様子を見ながら少しずつ使用しましょう。

パステルを使って着色する

パステスを削ってその粉で着色する方法もあります。

パステルは100円ショップに売っていますのでお手軽にできますね。

着色の仕方はUVレジン液にパステルを彫刻刀やカッターなどの小さい刃物を使って削り入れて爪楊枝でよく混ぜます。

パステルも粉ですので透明度は少し落ちます。

パステルは100円ショップで18色入りで一箱100円ですので

価格的には一番お得にたくさんの色をつけることができます。

ただ、粉の顔料やアクリル絵の具と違って自分で削る手間が必要です。

色付きのUVレジンを使う

UVレジンに着色する方法をご紹介してきましたが、もともと色付で販売されている便利なUVレジンもあります。

色付のUVレジンを使えば手間なく簡単にカラフルなレジン小物が作れちゃいます。

実はこの色付のUVレジン100円ショップセリアで売っているんです。

内容量は4gです。色の種類は13色ととっても豊富です。

カラーは、ミルキーグリーン、ミルキーピンク、ホワイト、ブラック、クリアイエロー、クリアアンバー、クリアレッド、チェリーピンク、バイオレット、クリアグリーン、クリアブルー、コバルトブルーになります。

これだけカラーがあれば理想通りの作品が作れそうですね。

着色の方法や色付きのUVレジンをご紹介しました。

ご自分にあった方法でカラフルな色付きレジン小物を作ってみてくださいね。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

レジンキャンドル作り方

大人気のアロマヒーリングセラピストについての口コミや評判まとめ

本当に大人気のアロマヒーリングセラピスト、アロマは心を落ち着かせてくれたりストレス発散などの効果があるようで、 ストレス社会といわれている…

ページ上部へ戻る