100円均一でスイーツデコケーキの作り方と押し花アロマキャンドルレシピ

樹脂粘土でマーブルパウンドケーキを作ろう

ふわふわ甘くてしっとりしたパウンドケーキはとっても幸せな気持ちになりますよね。さらに、甘いチョコレートの入ったマーブルパウンドケーキの作り方を、ご紹介致します。

樹脂粘土でマーブルパウンドケーキの材料
(全て100均)

・樹脂粘土の白
・チョコレート色(あれば)
・水
・クリアファイル、10×10㎝くらいにカットしたクリアファイル数枚
・カッター又はデザインナイフ
・ベーキングパウダー
・ティッシュ
・アクリル絵の具の白、黄土色、茶、黒
・レンジ
・クッキングシート
・ファンデーションのスポンジ
・筆
・歯ブラシ
・セロファンテープ
・爪楊枝
・水性透明ニス又はマニキュアのトップコート

樹脂粘土でマーブルパウンドケーキの作り方

①まずは準備からしましょう。マーブルパウンドケーキの大きさを決めたら、クリアファイルを細長くカットして、セロファンテープで止めて輪っかにして下さい。それを長方形になる様に折り目を付けましょう。この形がパウンドケーキの形になります。理想の形にならない場合は、何度もやり直して下さいね。

②小さくカットしたクリアファイルに、アクリル絵の具の茶と黒を少しずつ混ぜてチョコレート色を作ります。(次の行程に時間がかかりそうなら、チョコレート色を生地に混ぜる時に作っても大丈夫です。)

③しっかり手を洗ってから、樹脂粘土の白を取り出してこねます。①で作った型に樹脂粘土を入れて、少しはみ出すくらいにします。もう1度取り出したら、アクリル絵の具の黄土色を、少しずつ様子を見ながら入れて混ぜたら、こねます。そこに、ベーキングパウダーを少々入れてこねて下さい。パウンドケーキを焼く前の、色をイメージして下さい。

④黄土色に着色した粘土を、大体でいいので半分に分けて下さい。分けた片方だけに、チョコレート色のアクリル絵の具を混ぜて、チョコレート色のパウンドケーキの色になる様に、様子を見ながら少しずつ混ぜてしっかりこねましょう。

⑤黄土色のパウンドケーキの生地に、チョコレート色のパウンドケーキの生地をマーブルになる様に混ぜていきます。まずは、2つを重ねて伸ばしてねじり、折りたたみ、また伸ばしてねじり、折りたたみを3〜4回行うと、マーブル模様の出来上がりです。(この行程では、決してこねないで下さいね。こねてしまうと、マーブルにならなくなってしまいますので、注意して下さい。)1度手のひらで、コロコロと転がしながら丸めて下さい。

⑥①で作った型に入れて形を整えます。はみ出た部分を整えたら、真ん中に縦長に焼いた時に出来る割れ目をカッター又はデザインナイフで作ります。爪楊枝で割れ目の周りを持ち上げて広げ、中の質感を爪楊枝か、歯ブラシでボコボコと付けましょう。他の場所は、歯ブラシで軽くつけるくらいで大丈夫です。長方形の型から出して全体にも軽く質感を付けましょう。

*レンジ

形を整えたら、クッキングペーパーにのせて、レンジで10秒ほど加熱します。加熱しすぎると、形が崩れたり、膨らみすぎたり、更には事故にもなりますので、やりすぎない様に、目で見てしっかり確認して下さい。まだ中が少し柔らかいうちに、カッター又はデザインナイフでスライスしてもいいですね。スライスする場合は、質感を付けるのを忘れない様にして下さいね。

*乾燥

レンジから取り出したら、爪楊枝や歯ブラシなどで、もう1度形を整えてから、クッキングペーパーの上で、2〜7日ほどしっかり乾燥させます。

*焼き色

小さくカットしたクリアファイルに、黄土色と茶をそれぞれだします。黄土色に水を加えて、筆でまぜたら、ファンデーションのスポンジに付けて、ティッシュで余分な水分を取り除き、焼き色を付けていきます。黄土色に茶を混ぜて、同じ様に付けて下さい。

*乾燥

絵の具が乾くまで、そのまま乾燥させます。

*仕上げ

水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。

今、手作りキャンドルに人気があるのをご存知ですか?いちど、オリジナルキャンドルの魅力を経験すると、また、作りたくなるようですね。今回は、可愛い押し花を使ったキャンドルの作り方をご紹介しましょう♪

押し花をちりばめた可愛いキャンドル♪

お好みの押し花を使ったキャンドルを作ることができます。できあがった可愛いキャンドルを想像しながら作っていると、いつの間にか笑顔になっていますよ。

・あなたの思いをプレゼント

手作りキャンドルの楽しみ方は、他にはない、自分だけのオリジナルキャンドルに火を灯す喜びが持てることです。でも、それだけではありません。

心のこもった手作りのキャンドルをプレゼントするのも素敵なことでしょう。押し花だけに花言葉とあなたの気持ちをリンクさせることもできますね♪

なかなか、いいだせないことも伝わるかも…

アロマボタニカルキャンドルの作り方

・材料

押し花・ろうそく(205ml紙コップ1個分:3号約12gを15本使用)・紙コップ(205ml)・竹串・割りばし・クレヨン、・ガムテープ

材料は、100均で購入できますよ♪

・作り方

芯を抜き取ったロウソクを溶かします。抜き取った芯は、ロウソクをふき取り、まっすぐに伸ばしておいてください。

紙コップの底に、竹串で芯が通るくらいの穴を開けます。芯が通れば、溶かしたロウソクがもれないようにガムテープでふさいでください。

竹串か割り箸を使って、芯の位置が紙コップの中心になるようにセットします。

溶かしたロウソクを紙コップに流しこんで、しばらく待ちます。

表面に白っぽく膜がはったら、紙コップのロウソクをいったんお鍋に戻し、いそいで、押し花の表面が、紙コップの外側に向くように貼りつけてください。しっかり目に貼り付けましょう。

ロウソクの色は、そのままでもかまいません。シンプルなホワイトを基調としたキャンドルが楽しめます。しかし、色をつけてもカラフルな味わいのあるキャンドルが楽しめますよ♪

色をつけたいときには、お鍋に戻したロウソクに刻んだクレヨンを少しづつ入れていきましょう。あまり多く入れるとキャンドルの火が消えることがあるので注意してくださいね。

香りをつけるため、溶けたロウソクにアロマオイルを10から20滴くらい入れ、よく混ぜてください。

そして、溶けたロウソクを、また紙コップに流しこみます。紙コップを少し揺らすと、ロウソクが押し花にもいきわたります。

このとき、流しこむロウソクを少し残しておくのがポイントです!

固まったロウソクは収縮のため真ん中がへこみます。そのへこみに残したロウソクを流しこみ平らになるようにしてください。

冷めて、しっかり固まったら紙コップに切れ目を入れるなりして、そっとはがしましょう。あせってはいけません。なお、冷蔵庫で冷やすと早くできますが、ひびが入ったりトラブルことが多いようです。

ここは、十分に時間をかけて自然に固まるのを待つのがいいみたいですね。

完成です♪

特別な時に灯すオリジナルキャンドル

押し花で作るキャンドル…以外に簡単に作れるのではないでしょうか?手作りのキャンドルと普段使っているキャンドルとでは、思い入れの部分がちがいますね。あなたの特別な時を灯すためのキャンドルを作ってみてはいかがですか…?

キャンドル  キャンドル

関連記事

手作りハンドメイドピックアップ記事

手作りレシピ作り方資格

子どもから大人まで楽しめるキャンドルの資格取得

子供も大人も大好きなキャンドル作りで癒されながら資格を取得 キャンドルの灯りは、電気の明るさとはまた違う良さがあります。揺らめく灯りを眺め…

手作りデコの記事

関連リンク

ページ上部へ戻る