100円均一の材料でスイーツデコやUVレジンアクセサリーの作り方

紙粘土でマカロンを作ろう

紙粘土を使ったマカロンの作り方をご紹介致します。

マカロンはいろんな色があるので、単色で沢山作ってお皿にのせるのもいいが、一つ一つ違う色で作り沢山まとめて飾ると、お洒落なインテリアにもなります。

紙粘土でマカロンの材料(全て100均)

・紙粘土(かるい紙粘土がいいが、なければ普通の紙粘土でもよい。)
・アクリル絵の具(白、あとはマカロンに付けるお好きな色)
・爪楊枝(竹串でもよい、あれば粘土ヘラ)
・ラップ
・クリアファイル(下に敷くだけなので、一枚にしておく。約10×10ほどに小さくカットしたクリアファイル2枚ほど)
・好きな大きさの丸い型(大きめなら、コップがよい。または、化粧品の蓋など)
・水
・ピンセット
・歯ブラシ
・水性透明ニス、または、マニキュアのトップコート

紙粘土でマカロンの作り方

①かるい紙粘土に、アクリル絵の具の白をまぜます。次に、お好きな色を少しずつ様子を見ながら混ぜていきます。しっかり混ぜ合わせてください。

②混ぜ終わったら、一度丸めます。手のひらでクルクルとシワが無くなるまで丸めてください。適当にやってしまうと、表面の仕上がりが綺麗になりませんので、ご注意ください!

③丸めた紙粘土をクリアファイルにのせます。そのまま軽く手のひらで押さえつけてください。3分の1くらいまで押さえます。もしこの時ヒビが入っていたら、水を指に少しつけて、ヒビが入っている所を優しく撫でて綺麗にしてください。乾燥してからでは、中々治りません。

④紙粘土の上にラップを綺麗にのせます。難しいですが、こちらもラップにシワが付かないように綺麗にピタッと紙粘土にくっつけるようにのせてください。

⑤その上から、丸い容器や蓋などをぐっと押さえつけてください。1番下まで押さえつけず、少し残すようにしてください。残った所が、マカロンのボロボロした部分になります。

⑥マカロンの形を思い浮かべて、同じような形になったらラップをそっとはがし、形が付いている所以外全て取り除いてください。必ずはみ出している部分は必ず一回り残すように注意してカットするようにしてください。

⑦丸く型取りしたら、周りのボロボロした部分を作っていきます。爪楊枝又は竹串などの先が尖った物を使って引っ掻いたりツンツンと押さえたりしながら、ぐるっと一周質感をつけます。はみ出し過ぎていると可愛く無いので適度に中へ押し込むと綺麗なマカロンの形になります。

⑧ここまでの工程をもう一度繰り返して、2枚同じものを作ります。2枚で1組のマカロンになります。沢山作りたい方は枚数に気をつけましょう。

*乾燥

半日〜1日ほど乾燥させます。

紙粘土でクリームの作り方

マカロンには、間に挟むクリームが必要ですね。これも紙粘土で出来てしまいます。紙粘土そのままをマカロンで挟むのもいいですが、出来上がりはマシュマロを挟んだ感じになります。

①クリームの柔らかさを表現したいので、紙粘土に水を少々と、それに対してボンドを3対1の1の割合でしっかり混ぜ合わせます。水が多すぎるとクリームにならないので、程よい弾力を残してください。そうする事でマカロンとクリームとの接着も可能になります。

②爪楊枝、大きなマカロンならば、粘土ヘラを使ってクリームを挟み、ベタベタとはみ出さないよう気にしながら、少しずつクリームを足していくと、綺麗に仕上がります。仕上げにクリームに線を引いたり、突いたりしてクリームの質感を付けたら完成です。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*仕上げ

水性透明ニス、またはマニキュアのトップコートを塗って完成です。

レジンでスノードームや、お菓子の封入を作りたい!という方はきっと多いはず。封入する場合の注意点をご紹介します。

レジンの種類

どんなレジンでも封入に向いているわけではありません。100円ショップなどで販売されているUVレジン液はズバリ向いていません!
100円ショップのレジン液は「初めてさん」の練習用にしかならないようです。長期的な利用や販売を目的とするなら少し予算をあげて手芸屋さんなどで購入してみてください。
封入に一番向いているのはアクリル製の樹脂です。

UVレジン液よりももちろん価格は上がりますが、質のいい作品を作りたい場合、販売したいと思っている場合はこちらを購入するようにしてください。
レジン液の違いについてはレジン液の種類を参考にしてみてください。

レジンアクセサリーの封入パーツの種類

なんでも封入できるわけではありません。レジンで封入すれば半永久的に保存できる!と思っている方もいるようですが、そんなことはありません。

食べ物:腐ります

食べ物を封入しても食べ物の水分や油分が腐りますので封入するなら「フェイクスイーツ」を!

押し花:プラスアルファで退色予防できます

押し花を封入したい場合、アイロンで熱を当てて水分を飛ばしてから封入する方がほとんどですね。
それでは変色してしまうので、販売したい場合などは退色防止剤などを使ってひと手間入れてあげましょう。

水:水道水× 精製水△

精製水をお勧めする方が多いです。
水漏れしないように注意と、長期的に使いたければ防腐剤などを入れたほうがいいかもしれません。

和紙やマスキングテープなど:ひと手間加えれば○

ジェルメディウムというコーティング剤がおすすめです。

布:ひと手間加えれば○

ジェルメディウムを使っても、ヘアスプレーでコーティングしてもOK

着色料:相性があります

なんでも着色料にできるわけではありません。宇宙塗りによく使われるマニキュアも相性がやはりあるとか・・・。
レジン自体を着色したい場合は専用の着色料を購入するようにしてください。

レジンアクセサリーに封入する際の注意点

レジンアクセサリーに封入する際の注意点を知って、上手く作ってみましょう!

パーツのデコボコはなくす

花や王冠など、いろいろなパーツが売っていますが、表面がデコボコしているとレジン液に入れた時に気泡ができてしまうので、あらかじめレジン等で隙間を埋めておいてください。

封入はしっかりと

水などを入れる場合は水漏れなどしないように外周をしっかりとレジンなどでコーティングするようにしてください。
いつもより多めに接着剤やレジンで固定するように心がけたほうがいいでしょう。

レジンアクセサリーの封入パーツのまとめ

レジンで何かを封じ込めたい場合の注意点をいくつかご紹介しました。封入は魅力的ですがその分努力が必要そうですね。
道具ややり方など、いろいろチャレンジして素敵な封入レジンを作ってください♪

いろんな人のブログなどを見ていて自分もレジンで何か作ってみたい!
でもどんな道具が必要なのかわからず断念してしまっていませんか?

あると便利なグッズや、少しでもきれいに作れるような道具をご紹介します♪

レジンアクセサリーの必要な道具

UVライト(あると便利)

作品を素早く作りたいのであればあるに越したことはありません。
UVレジン液が紫外線で硬化することを利用してUVライトを
いちいち太陽光にあてて硬化を待っていたのでは1つの作品を完成させるのに1週間近くかかってしまうこともあり得ます。
厚めのモチーフなどは表面と裏面両方からライトを当てると均一に硬化させることができます。

ピンセット(必須)

小さなモチーフをレジン液などにセッティングするために使います。
指で設置すると細かいものはずれてしまったり思わぬところに落ちてしまったり・・・。
丁寧に作品を作りたいのであれば必須!

シリコンマット(作品によっては必要)

枠だけで底のないパーツにレジンを流し込む場合には下に敷いてレジンを流せば硬化した後きれいに取れます♪

つまようじ(あると便利)

気泡をつぶしたり、レジン液と顔料を混ぜたりと大活躍!

シリコン型やモールド(作品によっては必要)

レジン液をモチーフの形に硬化させたい場合にはシリコン型を、球体レジンを作りたい場合などはモールドを使うと便利です。
透明のものを用意すると、ほかのモチーフを入れて硬化したい場合にも確認しながら設置しやすいのでお勧めです♪

クリアファイル(あると便利)

クリアファイルの素材である「PP(ポリプロピレン)」はレジン液が硬化しても作品にくっつかないため、パーツなどをコーティングする際に下に敷いておくと硬化してからはがせるので便利♪
レジン液を着色したい場合なども、絵具のパレットのような感じで使うことができるのでかなり大活躍!

ナイロンの筆(きれいに仕上げたいなら必要)

レジン液でコーティングしたり薄く塗りたいときに使います。
塗った後は除光液や薬局で売っているアセトンというもので処理をしておくと使い捨てしなくても繰り返し使えるのでもったいなくありません。

レジンを落とす専用の商品も販売されています。
あれば使った道具のメンテナンスに使えますので道具を繰り返し使えて経済的♪

紙コップ・キッチンスケール(レジン液の種類によっては必要)

2液性のレジン液を合わせる場合にこの二つを使います。
きっちり分量を量らないと固まらなかったりつやが出なかったりと残念なことになってしまいますので要注意!
紙コップは大量に安く買えますので色を混ぜたりする場合にも使い捨てで使えますね♪

やすり(あると便利)

作品に気泡が入ってしまった場合などにあると便利。
手早く済ませたいなら金やすり、少しだけでよければネイル用などでも代用できます。
やすりで削ってからニスなどをつや出し液を塗るとキラキラしてきれいな作品に仕上がります♪

レジンアクセサリーのまとめ

レジンを始めたいときに最低限必要なもの、あると便利なものご紹介いたしました。
せっかくレジンを始めるならきれいな作品を作りたいですよね♪
高価なものは必要ありませんので、ぜひぜひ、揃えて周りをあっと言わせてしまうような作品を作ってみましょう♪

キャンドル  キャンドル

関連記事

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル資格

口コミや評判でも話題のアロマライフインストラクター認定試験とは

アロマライフインストラクターの認定試験のネットや評判でも話題で人気のようです、仕事のためやより良い生活を送るためにアロマライフインストラクタ…

手作りデコの記事

関連リンク

ページ上部へ戻る