UVレジンを始めよう 初心者がまずやるべきこと

レジンキャンドル作り方

UVレジンを始めてみよう

UVレジンで作られた小物やアクセサリーを最近よく見かけます。

キーホルダーやストラップ、ピアスやネックレス色々な種類があって見ていて楽しいです。

地元のクラフト市にはお子さんのいらっしゃっるママさんでもオリジナルのレジン雑貨を作って販売していたりします。

ハンドメイドしている方も多いレジン雑貨ですが、「どうやってやればいいの?」「何が必要なの?」と思っている方もいるのではないでしょうか。

そんな方のためにUVレジンを初めてやる方が知っておいた方が良い事をまとめてみました。

UVレジンとは

そもそも UVレジンとは一体何なのでしょうか?

レジンというのは樹脂という意味で最初はどろっとした透明な液体です。

UVレジンの場合UVライトに当てるか、日光のUV光線に当てる事によって硬化しアクセサリーなどを作る事ができます。

UVレジンは透明ですので、アクセサリーや小物を作る時に中に好きなモチーフを閉じ込めて飾り付けて楽しむ事ができます。

組み合わせは自由なのでオリジナリティが出しやすく、作り方も簡単で人気のハンドメイド素材となっています。

UVレジンの場合はUV光線が届かないとうまく硬化しませんので厚みのありすぎるものや大きい作品を作るのには向きません。

大きいものを作りたいときは2種類の液を混ぜ合わせ化学反応を起こさせることにって硬化する「エポキシレジン」を使用しましょう。

こちらは2種類の液を正確に計量して混合する必要がありますので始めての場合は小さい物をUVレジンで作ってみることをお勧めします。

UVレジン制作に必要な材料を揃えよう

UVレジンを始めようと思ったら揃えておいた方が良いものがいくつかあるのでご紹介します。

・UVレジン液(100円ショップにも売ってます。)

・UVライト(手芸屋さんやネットショップで購入できます。)

・ピンセット(チャームの配置などにあると便利です。)

・シリコンモールド(シリコン製の型です。レジン用のものが多数売られています。)

・ミール皿(UVレジン液を流し込んで固めてそのままペンダントなどにできる受け皿です。)

・クリアファイル(レジンがテーブル等につかないように敷いたり、レジンを平らにしたい時などに使用します。)

・着色料(レジン用の着色顔料が100円ショップにも売られています。)

・ホロやラメ(お好みでご用意しておくとレジンがキラキラになって楽しいと思います。)

・レジンに封入するチャームや飾り等(こちらもお好みでどうぞ。100円ショップにも可愛いものがたくさん売っています。)

・ピアスやヘアゴムの金具等(ご自分の作りたいものに合わせてご用意ください。)

・爪楊枝(レジンにできてしまった気泡を潰したりチャームの位置調整などに使用します。)

どうですか?今は100円ショップで揃うものもたくさんありますので

結構リーズナブルに道具を揃えることができると思います。

UVレジンで小物を作るには

材料が揃ったら早速UVレジンで小物を作ってみましょう。

まず最初は100円ショップなどで販売されているペンダント作成キットなどがお手軽で簡単です。

このキットにはミール皿やチャーム、ペンダント用の紐などがセットで入っているので、あとは自分の好きなようにUVレジンで固めていくだけで簡単に作れます。

キットを使って慣れてきたらもっと色々な作品にチャレンジしてみると楽しいと思いますよ。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

アクセサリーキャンドル資格

仕事と趣味を活かしたキャンドルアドバイザー

仕事と趣味を活かしたキャンドルアドバイザー 心や体を優しい光で癒してくれるキャンドルは、自分で形や色、香りなどを自分好みに自由に組み合わせ…

ページ上部へ戻る