キャンドルのおすすめ資格の種類|開業や副業でプチ収入も!

キャンドルのおすすめ資格の種類 |開業や副業でプチ収入も!

キャンドルの資格を取得して、「キャンドル作りの趣味を何かに活かせないかな?」「本格的にキャンドル作りを学びたいな」と趣味にとどまらず、副業やキャンドル教室の講師をしてみませんか?

キャンドル作りの資格は様々です。初心者レベルからインストラクターとして指導するための資格、将来キャンドル教室を開きたいという方のために、経営のノウハウを学ぶことができる資格まであります。

ストレス社会で生きていく人にとって、癒し効果のあるキャンドルをオリジナルで作ってプレゼントするだけでも、キャンドル作りの知識やテクニックを持っていて損ではありません。

趣味としてキャンドル作りを楽しんでいたあなたも、基礎から応用までしっかり学んでみるとまた違った世界が広がるかもしれません。それでは早速、キャンドル作りの資格について紹介していきます。

目次

キャンドルの人気の資格は?ランキング形式でご紹介!

たまには電気を消してキャンドルのもとで幻想的な時間を・・。お風呂に浮かべて優雅なバスタイムを・・。枕元に置いてリラックス効果を・・。今、日常のあらゆるシーンでキャンドルを活用するのが人気となっています。お店でおしゃれなキャンドルを買うのもいいけど、自分で作ってみたい・・、そう思っている方が実はたくさんいるのです。キャンドルづくりはちょっとしたコツと知識、技術があれば誰でも簡単に作れるようになります。上達すればプロのキャンドル職人として生計を立てる事も可能です!今人気のキャンドル資格ランキングをまとめてみました。

1位:キャンドルデザイナー

キャンドルデザイナーとは、既存のキャンドルやワックスを使って様々なデザイン、機能を備えた新しいキャンドルを作る技術のことです。キャンドルデザイナーの資格は、そのためのキャンドルの基礎的な知識と技術を持った人に与えられます。キャンドルは今、年齢を問わずに女性にとても人気のあるアイテムです。様々な色や形、香りを楽しめるキャンドルは結婚式や記念日、誕生日といったお祝い事から、日々の癒しまで日常の様々なシーンで活用されています。作り方も比較的簡単なことも女性に人気である理由のひとつで、趣味として始められる方が大勢います。さらには趣味として嗜むだけでなく、その技術とセンスを生かして講師活動やオリジナルキャンドルを販売することも可能なのです。そのために必要なことが初心者からすべて網羅できるのが、このキャンドルデザイナーの資格となっています。
受験から資格取得までがお手軽なのも、この資格の魅力のひとつです。試験は2か月ごとに開催されており、料金も10000円とお手頃価格。在宅受験なので、お家にいながらにしてキャンドルデザイナーになることができます。

2位:JIAキャンドルアドバイザー

JIAキャンドルアドバイザーは、日本インストラクター協会が資格認定しているキャンドル資格です。当協会は各種インストラクターの資格を設けており、しっかりとしたサポート体制のもと、確実な資格取得を実現できるので、初心者でも安心して受講することができます。
この資格はキャンドル自作についての基礎知識、ノウハウを身につけ、そのレベルが指導可能な水準にあるものに対して認められています。ご自分でキャンドルづくりを十分に楽しめるようになることは言うまでもありませんが、この資格は他の人へキャンドルづくりを伝授することに最終的なゴールがある資格です。資格取得後は、趣味として活用するだけでなく、講師としてスクールに勤めたり、キャンドル専門店や雑貨店などで働くということも考えられます。
試験は偶数月に行われており、在宅での受験が可能です。

3位:JCA認定キャンドルアーティスト

日本キャンドル協会が資格認定しているJCA認定キャンドルアーティストは、キャンドルを用いた空間の演出をする能力を持った人に与えられる資格です。現在、キャンドルの市場価値はこれまでになく高まっており、ただ火を灯し、明かりとするだけでなく、癒し効果や空間プロデュースのツールとして様々な期待がかけられています。
キャンドルアーティストに求められるのは、市場・クライアントのニーズに合わせたキャンドルを企画・提案・実現し、マーケティングを組み合わせながらキャンドルを最大限有効活用する術です。そのためにJCAでは「アーティストコース」の前に「キャンドルクラフトコース」のカリキュラムを終える必要があります。基礎となる知識や技術を学び、キャンドルの表現力を養うステップとなっていて、段階的にキャンドル職人としての力をつけていくことができます。ただ、時間、手間、お金のかかる道ではあるので、趣味としてキャンドルづくりを楽しんでみたいという人よりも、仕事としてキャンドルづくりに向き合いたいという人におススメです。

4位:キャンドルマイスター

日本ヴォーグ社が手掛ける通信講座で取得できるキャンドル資格が、キャンドルマイスターです。キャンドルづくりに必要な基礎知識、応用術などをDVDや添削指導付きの教材で学ぶことができます。教材は材料もすべてそろっているので、初心者でも安心して始められること間違いありません。早期申し込みで特典がついてくる、ちょっと得した気分になれる資格となっています。

5位:JCA認定キャンドルアドバイザー

日本キャンドル協会が資格認定するJCA認定キャンドルアドバイザーは、キャンドル製作を教えるプロのインストラクターのための資格です。
当協会では「キャンドルクラフトコース」、「キャンドルアーティストコース」、「キャンドルアドバイザーコース」の3段階に分けられており、クラフトコースから順に受講することが義務付けられています。インストラクターはキャンドル製作を楽しむための知識、魅せるためのノウハウを会得し、そのスキルを活かして日本でキャンドル文化の普及に努める使命を持っています。
キャンドルに関して達人の域まで達することのできる資格でありますが、趣味としてキャンドルづくりをしたい人には不向きな資格といえるでしょう。

いかがでしたか。それでは、もっと詳しくキャンドルの資格のことをご紹介していきますね!1位~5位のランキングに紹介していない資格も載せていますので、是非ご覧ください。

また、キャンドル作りで開業・副業を目指す方向けの記事も載せていますので、必見です!

キャンドルデザイナー

キャンドルデザイナーの資格は、キャンドルの製作に必要な知識と技術が一定レベル以上あることを証明する資格であり、キャンドルやワックスを使って様々なデザインのキャンドルを作っていきます。学んだ知識や技術をいかして、資格取得後は自分のオリジナルキャンドルを販売するなどの副業を行うことも可能です。

キャンドルデザイナー

  • 資格の管理団体:日本デザインプランナー協会(JDP)
  • 種別:民間資格
  • 資格の取得方法:在宅受験
  • 受験料:10,000円
  • 難易度:合格基準は平均70%以上なので、比較的取得しやすい資格です。

キャンドルデザイナー資格の取得方法

資格取得までに在宅で通常の講座を受けて、協会に送付して通知をもらう方法と、卒業課題を提出することで試験免除となり、「キャンドルデザイナー」「キャンドルアーティスト」の2資格が卒業と同時に取得できる方法があります。

また、日本デザインプランナー協会に認定された認定校で講座を受講し、ホームページから受験申込をして試験をする方法もあります。

キャンドルデザイナー資格の試験方式

インターネットから申し込みをし、在宅で受験をします。
作成した解答用紙を協会に期日までに提出します。

キャンドルデザイナー資格の試験内容

  • キャンドルの材料と道具、材料の種類、道具の種類
  • キャンドル作りの基本、使われる技法、色や演出について、オリジナルのキャンドル作成
  • キャンドルの工夫と灯し方、キャンドルの工夫、キャンドルの灯し方
  • キャンドル作りのレシピ、ディナーキャンドル、ジェルキャンドル、
  • アレンジ、スイーツキャンドル(カヌレ)、スイーツキャンドルキャンディーなど

キャンドルデザイナー資格の取得までの流れ

インターネットでお申し込み。

キャンドル製作の材料や、各種キャンドルの特徴・製作の工程などを通信講座で学びます。

講座内の添削課題を協会に期日までに提出し、添削指導を受けます。

キャンドルデザイナーの試験のお申込み

試験

合格者は、合格認定証発行申し込みフォームから発行申請を行い、合格認定書、認定カードをもらい、資格取得。

キャンドルデザイナー資格の問い合わせ先

〒103-0026
住所:東京都中央区日本橋5-1AIG兜町ビル3階
協会名:日本デザインプランナー協会
E-MAIL:info@designshikaku.net

クリアキャンドル

パラフィンやジェルワックスなどを使って作る透明感のあるキャンドルのことを「クリアキャンドル」といい、ルームインテリアのひとつです。クリアキャンドルの資格は、最近人気も高まってきて需要のある資格です。個人で行うキャンドルアーティストとしても活躍できます。

クリアキャンドル

  • 資格の管理団体:一般社団法人日本サロネーゼ協会
  • 種別:民間資格
  • 資格の取得方法:芦屋本部校、自由が丘本部校、JSA認定教室のうちのどれかの講座の受講が必要
  • 講座料金:34,000円
  • 難易度:中級レベル

クリアキャンドル資格の取得方法

JSA認定教室のホームページよりお近くの教室を検索し、講座を受講します。講座4日目の卒業試験を受け、合格をもらった方は、終了後に認定登録をします。

クリアキャンドル資格の講座内容

【1回目】クリアアロマワックス~サシェ&グラスキャンドル~(1.5時間)
クリアキャンドルの基本と技術をしっかり学び、オリジナルキャンドルが作れるようになります。
【2回目】ガーデンクラックキャンドル(1.5時間)
基本的な美しいピラーキャンドルの作り方を学びながら、たくさんの技術が学べる講座です。
【3回目】クリアストーンキャンドル〜ジェムストーン&ボールキャンドル〜(1.5時間)
ボール型のジェルキャンドルの技術や、今人気急上昇中のデザインで2種類の方法があるジェムストーンキャンドルを作成します。

【4回目】卒業制作(1.5時間)〜デザイン力を極める〜
復習も兼ねながら、今まで学んできた技術をいかしてオリジナルのキャンドルを作成します。講座内で試験を行います。

クリアキャンドル資格の試験方式

講座は全4回(6時間・7作品作成)から構成されており、4回目は卒業試験をご提出いただく流れになります。

クリアキャンドル資格の試験内容

これまで学んだクリアキャンドルの技術をいかして、オリジナルのキャンドルを作成してもらいます。講師として欠かせないデザイン力や段取り力などを問われます。

クリアキャンドル資格の取得までの流れ

全4回の講座を受講。(1回目と2回目の講座は2講座連続受講が必須)

4回目に卒業試験を受け、合格をもらう。(不合格の場合、別日に再試験します。)

講座終了後、認定登録をして資格取得。

クリアキャンドル資格の問い合わせ先

〒659-0092
住所:兵庫県芦屋市大原町4-2
協会名:日本サロネーゼ株式会社
電話番号:0797-26-6511

キャンドルマイスター

キャンドルマイスターの資格は、2つのコースを受ける必要があります。1つは、スタンダードコース、2つ目にアーティフィシャルコースです。キャンドルの基礎から応用まで学べ、フレグランスキャンドルやスイーツ型キャンドルまで10のデザインが楽しめます。資格取得後は、講師として活動できます。

キャンドルマイスター

  • 資格の管理団体:(株)日本ヴォーグ社
  • 種別:民間資格
  • 資格の取得方法:在宅受験
  • 受験料:71,588円

キャンドルマイスター資格の取得方法

学習有効期間内(最大24か月)に10作品と色見本の完成写真を講師に提出し、審査に合格した方には、認定資格を発行します。

キャンドルマイスター資格の試験内容

完成した作品の写真を撮って送り、全5回(10作品と色見本)、スタンダードコースとアーティフィシャルコースの添削指導が受けられます。

キャンドルマイスタースタンダードコース

キャンドル制作の基礎を習得します。ワックスの特徴や温度管理の仕方を学び、基本的なキャンドルがつくれるようになります。

<添削課題提出1回目>
① ディナーキャンドル
② フレグランスキャンドル
③ マーブルキャンドル
④ 色見本

キャンドルマイスターアーティフィシャルコース

ここでは様々なワックスの使い方や応用技法が学べます。型取りの方法を習得し、カップケーキやフルーツキャンドルなどの応用作品を作っていきます。

<添削課題提出2回目>

① ゼリーキャンドル
② フルーツインゼリーキャンドル

<添削課題提出3回目>

① カップケーキキャンドル
② フラワーキャンドル

<添削課題提出4回目>

① マカロンタワーキャンドル
② 体験キット ローズキャンドルキット

<添削課題提出5回目>

① ハードワックスインキャンドル(卒業作品)

キャンドルマイスター資格の取得までの流れ

作品を作りながら、基礎~応用技術を習得
(スタンダードコース、色見本制作、アーティフィシャルコースで10作品の制作)

完成した作品の写真を講師に送り、添削指導を受ける

10作品を学習期間内に提出し、審査に合格した方はディプロマ認定証を発行します。
(*希望者のみ。申請料として20,000円(税別)が別途かかります。)

キャンドルマイスター資格の問い合わせ先

〒164-0013
住所:東京都中野区弥生町5-6-11
協会名:(株)日本ヴォーグ社
電話番号:0120-923-258

キャンドルインストラクター

こちらも日本キャンドル協会から認められた資格で、先ほどのキャンドルアーティストよりもステップアップした資格と言えます。キャンドルスクールを運営するに当たって必要な知識や、経営ノウハウを学べる上に、キャンドルで空間をデザインすることも学べるので、イベントを企画する業界や建築業界にお勤めの方にもおすすめです。キャンドルインストラクターは独立開業や、JCAの認定校などで講師として活躍できます。

キャンドルインストラクター

  • 資格の管理団体:日本キャンドル協会(JCA)
  • 種別:民間資格
  • 資格の取得方法:キャンドルアーティストの資格取得後、講座を受講し、試験を受けて合格し、資格がもらえます。
  • 受験料:12,000円
  • 難易度:初級・中級・上級(試験会場での受験に合格して取得可能)
  • 試験日:年に6回/未公開

キャンドルインストラクター資格の取得方法

キャンドルアーティストと同じく、キャンドルクラフトコースの初級~上級までを受講し終了認定後、キャンドルアーティストコースを受講します。その後、キャンドルインストラクターコースを受講し、検定試験を受け、合格をもらうと資格が認定されます。

キャンドルインストラクター資格の試験内容

キャンドル作りを教えるということに重点をおいている資格なので、スクール運営に必要な知識などが求められます。
実技試験では、レッスンの実演を行い、習得技術やコスト管理、時間配分などの審査をします。

キャンドルインストラクター資格の取得までの流れ

日本キャンドル協会(JCA)により公式認定された認定校で、初級から上級までの講座をすべて受講し、キャンドルインストラクターの試験資格が得られます。

講義
レシピ製作基本講座を受講します。キャンドルレッスンのレシピの製作方法を学びます。

オリジナルレシピの作成
講師のアドバイスのもと、オリジナルのキャンドルレッスンレシピを製作します。

レッスン実技試験
実技試験(レッスンの実演)を行い、習得技術・コスト管理・時間配分などの審査をします。合格すると公式に資格認定を受け、JCA認定キャンドルインストラクター資格認定証が発行されます。

キャンドルインストラクター資格の問い合わせ先

キャンドルアーティストの資格と同じ連絡先になります。

キャンドルアーティスト

この資格のメインとなるところは、キャンドルの製作をすることです。キャンドルの照明や、キャンドルを使用して空間装飾プロデュースをすることもできます。そのために必要な空間装飾能力や、マーケティングスキルも学べます。この資格は日本キャンドル協会に認められた、プロフェッショナルの証明にもなる資格です。

  • 資格の管理団体:日本キャンドル協会(JCA)
  • 種別:民間資格
  • 資格の取得方法:講座の受講が必要
  • 各認定料等:32,500円~39,000円
  • 難易度:初級レベル~上級レベル(コースによって違う)

キャンドルアーティスト資格の取得方法

キャンドルアーティストの資格を取るには、日本キャンドル協会が認めたクラフトコース初級・中級・上級のすべてのコースを受け、修了認定をもらった後、座学講座や製作、試験などを経て、合格するとキャンドルアーティストの資格認定証がもらえます。

キャンドルアーティスト資格の講座内容

キャンドルの材料と道具

材料の種類、芯や座金の選び方、ワックスの保存方法など

キャンドル作りの基本

技法、着色の基本、色の特徴、演出の注意点など

キャンドルの工夫と灯し方、キャンドル作りのレシピ

キャンドルの楽しみ方、容器の選択・手入れ、様々なキャンドルなど

キャンドルアーティスト資格の試験方式

筆記試験と実技試験の2つがあり、筆記試験は全部で50問の4択で、講座で学んだことが出題されます。実技試験ではキャンドル作品のレシピを自力で製作し、精査されます。

キャンドルアーティスト資格の試験内容

試験内容は、キャンドルのワックスの種類から色合い、温度管理、よく使われる技法などの基本的なところから、マーケティングスキルなど幅広い範囲で出題されます。

キャンドルアーティスト資格の取得までの流れ

日本キャンドル協会(JCA)により公式認定された認定校で、初級から上級までの講座をすべて受講し、キャンドルアーティストの試験資格が得られます。

講義
JCA公式テキストを使用し、キャンドルアーティストに求められる知識などを学びます。

自由製作
オリジナルのキャンドルを製作するノウハウを習得します。

検定試験
合格すると、公式に資格認定を受けてJCA認定のキャンドルアーティストの資格認定証が発行されます。

キャンドルアーティスト資格の問い合わせ先

〒107-0062
住所:東京都港区南青山4-25-12
協会名:一般社団法人 日本キャンドル協会
E-MAIL:info@japan-candle.org

キャンドルに関する職業に向いている人とは

キャンドル作りは気軽に始められて、自分のオリジナルの作品を作れる上にプレゼントとしても喜ばれるので、趣味として始める方が多いです。その趣味を仕事に活かすことができる人とはどういう人なのでしょうか。
下記ではキャンドル資格の職業に向いている人をまとめました。

  • キャンドル作りに挑戦してみたい人。
  • キャンドル作りをもっと極めたい人。
  • 販売できるレベルになりたい人。
  • ネットショップやイベントに出店したい人。
  • 自分の技術を証明できる資格がほしい人。
  • ローコストで自宅開業できる資格がほしい人。
  • なぜキャンドルなのか、誰のためにキャンドルを教えたいか、なぜキャンドルでないといけないのか が明確になっている人。

キャンドルに関する仕事に就くには

キャンドルに関する仕事はたくさんあります。その仕事に就くには、資格が絶対必要なわけではありませんが、プロとして教える立場で仕事をしたいのであれば資格は取っておいた方が有利です。
キャンドル資格には色々ありますが、仕事に有利な資格はこちらです。

  • キャンドルデザイナー
  • キャンドルアーティスト
  • キャンドルインストラクター
  • キャンドルアドバイザー

キャンドル作りのプロとして開業までの流れ

「キャンドルの講師として教室を運営してみたい!」と思っても、いざ何から始めたらいいのかわからない、という方のために、キャンドルのプロとして開業するまでの流れを簡単に説明していきます。

キャンドル関連の仕事を調べてみる
(職種はたくさんあります。講師になりたいのか、キャンドルのデザイナーになりたいのかによって必要とされる資格が異なるので、自分がやりたいことは何なのかを明確にしておきましょう。)

自分は何を学びたいかを決める
(キャンドルのデザインや、レシピ作成、空間装飾など色々あるので、自分が学びたいことを決めることから始めましょう。)

どのような資格が必要か調べる
(学びたいことが決まったら、その知識や技術が得られる資格などを調べてみましょう。)

資格が取れる認定校を調べる
(協会に認められた認定校でないと試験が受けられないことが多いので、事前に調べておきましょう。)

就職先を探したり、開校までの計画、設備準備をする
(学校によっては就職までサポートしてくれるところもあります。)

独立開業!

キャンドル  キャンドル

関連記事

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル資格

口コミや評判でも話題のアロマライフインストラクター認定試験とは

アロマライフインストラクターの認定試験のネットや評判でも話題で人気のようです、仕事のためやより良い生活を送るためにアロマライフインストラクタ…

手作りデコの記事

関連リンク

ページ上部へ戻る