手作りフローティングキャンドルの作り方とデザイン集

キャンドルブッシュ

フローティングキャンドルとは

缶のふたにサラダ油を塗り、そこへロウを流し込みます。フローティングキャンドルとは、水に浮かべるキャンドルのことです。

水に浮かびやすいような形状に作られていますので、水にそっと置くだけで、簡単に水に浮かべることができます。

フローティングキャンドルの効果

光が壁や天井などにあたり、その反射光を利用して周囲を照らすものを間接照明といいます。反射することにより光は柔らかくなり、ムード照明など雰囲気作りに役立ちます。
キャンドルは他の照明と違い、火の明かりをそのまま使用するので幻想的なイメージを作りやすくなります。

キャンドルのゆらゆらとした不規則な光を、じっと眺めるだけで気分がリラックスしてきます。

フローティングキャンドルのデザイン集

テーブルや床においてインテリアとして

花と一緒に浮かべて華やかに

バラの花をアクセントに

金魚鉢タイプにいれる

縦長の花器(モルカグラス)に入れて

モルカグラスにうかべて

綺麗なグラスに入れて

季節のフルーツ

小石と花

水の中に入れるのは自由です。季節やその時の気分により変えてみてもよいでしょう。

パーティーで素敵なインテリアとして活躍しそうです。

結婚式のディスプレイ

ハロウィンやクリスマスなどのイベントには、モチーフとなる素材を入れるのもいいです。

フローティングキャンドルをグラスに浮かべよう!

家にあるグラスにまん丸のキャンドルを浮かべるだけでも十分リラックスできます。

床、テーブルにも光はゆらゆらと反射します。

ワイングラスかカクテルグラスでもOKです。

花やモチーフとなるものと一緒に浮かべてみましょう。

フローティングキャンドルを瓶に入れよう

これなら自宅にある素材で簡単にできてそのうえ安全です。

空きビンにシトラス系のフルーツを輪切りにして、お好みのミントやハーブを入れました。見た目もさわやかですし、香りも楽しめる仕上がりです。

ディナータイムにフローティングキャンドルを使おう

暖かな光は食べ物を美味しく見せてくれます。

お風呂にフローティングキャンドルを入れてリラックス

ゆらゆらとした温かい光が疲れを癒してくれます。

バスタブに入れるのは少し怖いという方は、四隅におくだけでも雰囲気が出ます。

フローティングキャンドルの作り方(ダイソーで材料は揃います)

キャンドルは自分でも作ることができます。色や香りなど好みのものを作ってみるのも面白そうです。

ホーロービーカーにパウダーワックスを入れ、電磁調理器で約80度の温度にします。
パウダーワックスはロウでも代用できます。その場合温度は90度以上にならないようにしましょう。

固形顔料で色をつけます。温度を80度に保つように注意します。

溶けたロウに固形顔料に浸し、くるくる回すと色が付きます。

このような感じになります。

芯を溶かしたロウに浸します。指で持っていた部分は、逆さにしてロウを浸します。

全体のロウ浸しが終わったら、固まる前にまっすぐに伸ばします。芯とは、芯糸のことです。芯糸はロウをしみこませて使います。

流し込んだロウが固まったところで、クッキー用の型を使って型抜きをします。
羊かんくらいの硬さになったら型を抜きましょう。隣同氏は少し間をあけて抜かないとくっついてしまう可能性があります。

真ん中に竹串で穴をあけ、芯を差し込みます。これで完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル手作り資格

口コミや評判で人気!キャンドルアドバイザー認定試験を卒業と同時に資格取得!

仕事でキャンドルアドバイザーの資格を取得する事になり独学で勉強したのですが落ちてしまい、 ネットで調べていると試験を受けずに資格の取得方法…

ページ上部へ戻る