北海道・東北で人気のキャンドルボーイとは

キャンドルブッシュ

北海道発祥や山形県が発祥と言われているキャンドルボーイは今や多くのお祭りで提供されているフランクフルトです。味もチリソース、ケチャップ、マヨネーズ、みそ、砂糖醤油と豊富で人気があります。

キャンドルボーイとは

フランクフルトに餅を巻きつけて揚げたキャンドルボーイは外側はカリッと揚がり中はもちもちでフランクフルトとの相性も抜群です。

見た目もぐるぐるとキャンドルのろうのような可愛らしい見た目も人気の要因となっています。

発祥の地

和菓子店が考案したとされているキャンドルボーイは、北海道で人気に火がつき全国のお祭りで販売されるようになりました。年間5万本ほど売り上げることからも屋台でも定番になりつつある商品です。

小ぶりのフランクフルトに縁起が良いとされているお米を使った餅を巻いたキャンドルボーイは砂糖醤油を付けるのが人気です。

老舗の通販でも人気

人気のキャンドルボーイは普段はなかなか食べることができず、また北海道・東北以外の屋台ではまだまだ出店が限られています。

このように出店している地域がまだ少ないことから「魅惑スイーツさかきや」ではキャンドルボーイを通販でも購入できるようにっています。

社名:榊屋株式会社
所在地:栃木県小山市神鳥谷878-3
電話:0285-25-0505

「フジテレビ ノンストップ!」や「もしもツアーズ」でも紹介されたキャンドルボーイは1本400円からで、関東や関西でも気軽に楽しむことができます。

また、この商品は調理済みで急速冷凍したものをオーブンレンジ等で再加熱することで食べることができることから、手軽で1年も保存がきく商品です。

雲海ドッグとは

「もしもツアーズ」では平愛梨らが富士山の最新スポットを紹介しました。

また富士山は世界遺産の登録で外国人観光客も34.5%増加し、より人気のスポットになりました。その中でも富士山の五合目にある施設「こみたけ売店」では富士山からの雲海に見せた餅を焼いた「雲海ドッグ」が人気となっています。

雲海ドッグも1本400円での販売となっています。

お店も「リニューアルされて雰囲気も新しくなった売店は以前行ったことがある人も改めて楽しむのもいいでしょう。

社名:こみたけ売店では
所在地:山梨県富士吉田市上吉田5617
電話:0555–72–1476
営業時間 :
4~6月は 9:00~17:00
7~8月は 7:00~18:00
9~11月は9:00~17:00
定休日:降雪状況により冬期閉鎖
アクセス:中央高速河口湖I.Cから富士スバルラインで50分

ポーク餅とは

「出没!アド街ック天国」サービスエリアスペシャルで1位、「じゃらん SA・PA絶品メニュー」第2位を獲得した「ポーク餅」は年間2000万人が利用する日本最大級の東名高速・海老名SAで人気となっています。

ポーク餅はキャンドルボーイよりも餅とフランクフルトのグラデーションが見える点でキャンドルボーイより餅の割合が少なめのフードとなっています。

香ばしいお餅と、ポークフランクのジューシーな味わいがキャンドルボーイとはまた違った雰囲気で、おいしいです。

販売価格(税込):3,900〜5,850 円
内容量:1袋(120g×5本入)
賞味期限:冷凍180日
お召し上がり方:170度に熱したサラダ油で約3分~4分で揚げる

名前とその店によっても雰囲気が変わる「キャンドルボーイ」は、食べ比べをして自分に合った餅の割合やフランクフルトとの相性を楽しんでみるのもいいでしょう。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

アクセサリーキャンドル資格

仕事と趣味を活かしたキャンドルアドバイザー

仕事と趣味を活かしたキャンドルアドバイザー 心や体を優しい光で癒してくれるキャンドルは、自分で形や色、香りなどを自分好みに自由に組み合わせ…

ページ上部へ戻る