簡単!ディップアートの作り方とデザイン集

キャンドルブッシュ

ディップアートとは

ディップアートってご存知でしょうか?

正式な名前はアメリカンフラワーと言います。

専用のディップ液に針金で作ったパーツを浸して引き上げると膜が出来ます。

それを乾燥させると透き通ったきれいなものが出来上がります。

それで花や葉などのモチーフを作るクラフトです。

ディップアートで本格的なアメリカンフラワー

本格的なアメリカンフラワーをするには、これだけの材料と道具が必要になります。

ディップ液だけでも28色もあるし、薄め液だけでも2種類、

ストレンスナーというディップ液の強化材だけでも数種類あります。

材料と道具を見ただけで目が回りそうです。

透明のディップ液だけ買って、プリンターのインクで着色するという方法も

あるにはあるのですが…もっとお金を掛けずにやってみたいですよね。

ディップアートにマニキュアを使おう

アメリカンフラワーの材料と道具だけで挫折…そんなあなた!

それがお金を掛けずに簡単にできるとしたらどうですか?

やってみたいと思いませんか?

そんなディップアートの救世主がなんと!

『マニキュア』 なんです!

マニキュアでディップアートの作り方

ディップアートに必要なもの…

ワイヤー(鉄製は錆びます。)

マニキュア

レジンもしくはトップコート

乾かすのに使う発泡スチロール(刺して置けるものなら何でもOK)

フローラテープ

↓こんなの★手芸店に売っています。

作り方 ①

棒などの芯になるものにワイヤーを巻き付けて、花びらを作ります。

必ず10cm程、ワイヤーを残しておきましょう。これが茎になります。

作り方 ②

花びらを必要な枚数作っておきます。

丸みなどもこの時につけておきましょう。

作り方 ③

作り方②で作った花びらに、膜を貼るようにマニキュアを塗ります。

筆を使ってもいいですし、やりにくい場合は器に出して浸してもいいです。

作り方 ④

発泡スチロールに刺して乾かします。

乾いたら花びらの部分にレジン、もしくはトップコートを塗ってコーティングします。

こうすることで、つやつやのきれいな花びらができあがります。

作り方 ⑤

ひとつひとつのパーツを束ねてフローラテープを巻き付けます。

フローラテープを巻き付けることで、鼻の茎の質感が生まれます。

完成♡

できあがりです。

ディップアートの人気デザイン集

クローバーもディップアートで花を作るのと同じ要領で作っています。

光にキラキラきれいなほうずきです。

ビーズとワイヤーでほうずきの形を作ってディップします。

使い古しのマニキュアも活用できますので、ぜひ挑戦してみて下さいね♡

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

手作りレシピ作り方資格

子どもから大人まで楽しめるキャンドルの資格取得

子供も大人も大好きなキャンドル作りで癒されながら資格を取得 キャンドルの灯りは、電気の明るさとはまた違う良さがあります。揺らめく灯りを眺め…

ページ上部へ戻る