100均商品で小瓶のチャームを作ろう

UVレジンを使って小瓶のチャームを作る

UVレジンで作ってみたいものは色々ありますが、初心者でも瓶に詰めるだけで簡単なUVレジンを使った小瓶のチャームの作り方をご紹介します。

型やモールドは使用しませんし、小瓶に入れていくのではみ出したりせず、バリ取りやツヤ出しの手間もないので簡単に作れます。

今回は材料全て100円ショップで揃えてみました。

100円ショップにも今はたくさんのUVレジン商品や手芸用品があるので

リーズナブルにハンドメイドできて良いですね。

小瓶のチャームの材料

・小瓶(セリアに売っているガラスボトル)

・UVレジン(ダイソーのソフトタイプのもの。ハードタイプですと便が割れる恐れがあるため。)

・UVレジン用着色顔料(お好きな色の組み合わせでご用意ください。)

・中に入れるチャーム(今回は薔薇の形にしてみました。小さい貝殻なども可愛いと思いますよ。)

・UVライト(硬化させるのに使用します。)

・ピンセット(チャームの配置に使用します。)

・爪楊枝(気泡を潰したり、チャームの位置調整などに使用します。)

・アクセサリーパーツ(最後に小瓶を加工したいアクセサリー用のパーツを用意します。)

UVレジンで小瓶のチャームの作り方

①小瓶に少量のUVレジン液を入れます。

②小瓶に入れるチャームをUVレジン液でコーティングします。(気泡が出来るのを防ぐため。)コーティングしたパーツを小瓶に入れます。

③小瓶を傾けた状態でUVライトにあて硬化させます。(傾けなくても良いですが、層を斜めにしたいため傾けています。層がまっすぐの方が良い方はまっすぐ硬化してください。)

⑤UVレジン液に顔料を混ぜて着色します。着色したUVレジン液を小瓶に入れます。④で傾けたのとは逆方向に傾けてUVライトにあて硬化させます。

⑥もう一個のチャームもUVレジン液でコーティングします。

⑦小瓶に着色していないUVレジン液を少量注ぎ、先ほどコーティングした2個目のチャームを小瓶に入れます。

⑧また違う方向に傾けてUVライトにあて硬化させます。

⑨UVレジン液にラメを混ぜて小瓶に入れます。また傾けて硬化させます。

⑩最後にもう一個コーティングしたパーツを入れレジン液を適量入れて硬化させます。

小瓶のチャームはこれで完成です。

小瓶のチャームをアクセサリーにしてみよう

UVレジンを使って小瓶のチャームは完成しました。

あとはこのチャームをアクセサリーにしましょう。

例えば、バッグチャームやピアス。キーホルダーやネックレスなど可愛いですね。

ボトルにコルク線の付いているものなら、コルク栓にUVレジン液を少量塗ってUVライトで硬化させ固定しましょう。

コルク栓にヒートンを付けたら金具につないでバッグチャームにできますよ。

小さめの小瓶を使って作ればピアスにもできます。

小瓶が涼しげなので夏に付けたら素敵です。

中身を細かい貝がらなどにしたら一気にリゾートな雰囲気になります。

中に入れるものしだいで色々な雰囲気が作れそうですね。

小瓶に入れていくだけでとっても簡単なのでお子様と一緒に作るのもオススメです。

自分で作ったチャームをキーホルダーにして学校に持って行ったらお友達に自慢できちゃいますね。

ママとお揃いで使っても可愛いと思います。

ママはバッグチャームお子様はキーホルダーにしてカバンにつけてみてはいかがでしょうか。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

レジンキャンドル作り方

大人気のアロマヒーリングセラピストについての口コミや評判まとめ

本当に大人気のアロマヒーリングセラピスト、アロマは心を落ち着かせてくれたりストレス発散などの効果があるようで、 ストレス社会といわれている…

ページ上部へ戻る